洋食

地球の裏側でも唐辛子「BLU36」

Blu01

ピリ辛炒飯の「Arroz con Pato」

ペルー料理の専門店が4月にグランド・オープンしたと聞いて行ってみた。ペルー料理といえば、スクムビット通りソイ11の「Above Eleven」が有名だが、あくまでお酒主体のルーフトップ・バーなので種類が少なく、おつまみ的なものが多かった。こちらは一軒家レストランなので、料理もがっつり期待できそうだ。

お店があるのはソイ36に入って2つ目の角を右折した突き当り。古い住宅を改装した一軒家で、天井の低さや間取りに人が住んだ面影があって、落ち着く。

 

Blu03

大きな木の生える一軒家

 

さて、肝心のメニューだが料理メインの店のせいか、前菜やセビチェ(マリネのような料理)、メイン料理にご飯・パスタものなど種類が豊富で目移りするほど。知らない料理名ばかりだが、写真も少し付いているし、英語の解説も簡潔だ。値段は1品250~350Bなので、知らない料理でも気軽に挑戦できそうだ。

 

Blu02

ジャガイモのもっちりした食感が特徴的な「Papa Rellena」

 

「Papa Rellena」は炒めた豚肉をマッシュポテトで包んで揚げたもの。黄色いソースからはクリームソースのような味を想像するが、実はこれ、唐辛子で作ったもの。かなりのピリ辛だ。

「Arroz con Pato」の、皿にこんもりと盛られたソースも、Ajiと呼ばれる唐辛子から作ったもの。奥の炒飯はこのソースでご飯とグリーンピースや玉ねぎを炒めている。これが程よい辛さで、上手に食欲を刺激してくる。この値段でダックのコンフィが付いてくるのもお得。

タイとは違う唐辛子の使い方で面白い。

 

BLU36

時間:17時~24時 日休
場所:23/7 Soi Napasub 2, Sukhumvit 36 Rd.
電話:0-2661-5448
Web:www.facebook.com/BLU36Bangkok
料金:Tiradito Salmon 350B、Papa Rellea 190B、Arroz con Pato 290B

Blu36QRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【昼食】 モリモリ菜食「May Veggie Home」
  2. 【夕食】 誰がために腹は鳴る 「Hemingway’…
  3. IMG_9456 新時代の和洋折衷 「Freebird」
  4. フワフワのフレンチトースト! 「Happiness」
  5. food news title ヘルシーご飯とヨガの健やかなる組み合わせ 「セブン」
  6. kumi Beef Tartare ヘルシーに、ハッピーに クミ・レストラン、新登場!

オススメ記事

  1. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP