ワンデートリップ

【週末★トリップ】バンコクエアウェイズの直行便で1時間半!海辺の街・ダナン歩きと「五行山」

5月末、バンコクエアウェイズのバンコク・ダナン直行便が運行をスタート。
ということで、さっそくダコ編集マイがそれに乗ってダナンにGO! 広くて青い空、青い海、幻想的な山やお寺、そして輝く夜景。ベトナムのイメージが変わった週末トリップとなりました。

 

top

 

profile1

【旅して書く係】編集マイ/海外旅行は大好きだけど、一人旅は経験不足

 

フライトの待ち時間は
ラウンジで優雅な朝食を

成田と羽田を間違えたり、空港に向かう電車で靴を落としたり……。私はかなりのおっちょこちょいだ。なので、何かトラブルがあってもいいように、国際線に乗る際は早めに空港に向かう。とはいえ、毎回毎回トラブルが起きるわけではないので、大体が空港で長い時間を潰すことになるのだが……。

でも、今回の旅ははじまりから素晴らしかった。行き先はベトナム中部の街、ダナン。先月就航したばかりのバンコクエアウェイズの直行便で向かうのだが、乗客ならだれもが使えるラウンジがある。

軽やかにイミグレを通過し、ふっかふかのソファーでふぅっとコーヒーを一杯。サンドイッチや焼き菓子などのブッフェもある。搭乗前の待ち時間がこんなに優雅になるなんて! セレブ気分に浸りながら搭乗を待っていると、大雨が降ってきた。バンコクはいよいよ雨季に突入だ。

lounge03

 

 

広い空に青い海
ベトナムってこんな感じ!?

city

 

飛行機は1時間半ほどかけて、14時ちょっと前にダナンに到着。まず目に飛び込んできたのは雲ひとつない真っ青な空。高い建物がないから空が広い! 日差しはサンサン、どうやらベトナムは今(6月~)が暑気の入りらしく、あ、暑い……。出発前の大雨が嘘のようだ。

ダナン空港はほぼ市街地の中にあるので、すぐに観光を始められる。涼しいタクシーに乗り込み、いざ出発~!

街の看板は、ベトナム表記の「クオック・グー」というローマ字に近い文字で書かれているものが多い。フランスの植民地時代以降、定着したのだという。だから自然と街には西洋の雰囲気が漂う。青い空、ヤシの木、そしてアルファベットの看板……。「あれ? ベトナムってこんな感じの雰囲気なの?」と思った瞬間、目の前に青く輝く海がわっと広がった。

sea

 

白い砂のビーチには藁のビーチパラソルがお行儀よく並んでいる。ここはパラダイスですか!? USフォーブス誌の「世界のキレイなビーチ6選」にも選ばれたことがあるんですって! こりゃ納得!!

 

ベトナムのつけ麺
バインクオンと初対面

gohan

まずは軽く腹ごしらえ。ベトナムといったら「フォーでしょ、フォー!」 と思ってたんだけど、気になる麺を見つけてしまった。バインクオン(banh cuon)というつけ麺。生春巻きの皮を荒く切ったような麺の上にフライドオニオンと綿アメみたいな謎の物体が載っている。

聞いたら「ポーク、ポーク!」と言われ本当かよ、と思ったが食べてみるとポーク……のようだった、多分。さらに豚のさつまあげ的なものと生野菜をトッピングして、出汁のようなタレにつけて食べる。これが滅法おいしくて、ツルリと完食。

 

マーブルマウンテンでまさかの
ファイト~一発!

day

五行山頂上からの街の風景。遠くに青い海が広がる。

 

お腹も満たされ、次に向かうは五行山、英名をマーブルマウンテン。その名のとおり、この山はすべてが大理石でできているんです(総額いくらになるんだろう……)! エレベーターである程度のぼることもできるけど、ここは歩いて進むことに。でも入ってすぐに急な石階段がそびえ立つ……。急勾配を必死で登るも、すでに汗だく。みなさん、お水を持ってくるのはマストですぞ!

階段をのぼると中国寺院のリンウン寺があり、さらにその奥の洞窟へ。そこには仏像が祀られていた。大理石でできている山だからか、あたりはひんやりとした空気に包まれている。なんだか神秘的だ。

さらに奥に行くと、一人抜けられるくらいの狭い穴があり、岩場を登っていくと山の頂上に着く。簡単に書いたが、足場も大理石なのである。めちゃくちゃ滑るのである。私はこのとき、ここにビーサンで来てしまったことを深く後悔した。とはいえ、頂上からの眺めは最高! 遠くには美しい青い海が広がっていた。

 

ダナンは、夜もいい

night

夜になると街はガラリと表情を変える。カラフルな夜景。

 

スペースが足りないので駆け足だが、ダナンは夜もいい。その夜景はしばしば香港の夜に例えられる。街の中央を流れるハン川とそれに架けられた橋が、色とりどりに光って、まるで万華鏡の中に迷い込んだようだった。

翌日はベトナムのホイアンに向かう。この街も昼と夜でまったく違う顔を見せてくれる素晴らしい街だった。こちらは次号の週末トリップを乞うご期待!

lamp

 

タイムテーブル

11:00    スワンナプーム空港発
13:35    ダナン国際空港到着
14:30    Banh Cuon Tien Hungにてランチ
15:30    五行山観光
17:30    ビーチ散歩
19:00    ディナー

 

見どころ

五行山(マーブルマウンテン)
時間:7時~17時 無休
料金:1万5000ドン/エレベーター利用料:片道1万5000ドン、往復3万ドン

※100B=6万3380ドン(2016年6月8日現在)

marble mountain

 

行き方

ダナン市街地からホイアン方面にタクシーで約20分
またはダナン大聖堂前からバスで約20分(料金は3万~5万ドン)

 

食事どころ

Banh Cuon Tien Hung
場所:190 Tran Phu,Quan Hai Chau,Da Nang
電話:+84-51-1382-5292
時間:6時~21時  無休
料金:バインクオン2万5000ドン

Tien Hung

 

評価

リゾート度★★★★★
ローカル度★★★☆☆
おしゃれ度★★★☆☆
ゆったり度★★★★☆
知的好奇心度★★★☆☆

 

フライト情報

Bangkok Airways
バンコク-ダナン直行便
月水金土の週4便運行
●バンコク 11時発
●ダナン 13時35分発
電話:1771
Web:www.bangkokair.com

 

 

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ウドンでうどん! 日帰りイサーン食い倒れ旅
  2. ワット・イントラウィハーン 《レジャーその120》ご近所感覚のバスの旅 巨大だけど薄い仏像…
  3. IMGP5396 フアラムポーン発・列車で行く ロッブリーへ、フードトリップ! …
  4. バンコクから車で90分、気分は英国貴族? 馬と自然に癒やされるプ…
  5. 週末★トリップ 飛行機でひとっとび! チェンライの山岳地帯ドー…
  6. チェンマイ発ちょっトリップ『硫黄パワーでお肌ツルツル! サンカム…

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  3. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  4. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP