バンコクの街角

No Suger Ice Coffeeを求めて

今年の3月、晴れて糖尿病患者の認定を受けたJunです。1日4回、インスリン注射を自分で打つ生活をバンコクで続けています。

そんな私ですが、実は1日にアイスコーヒーを2〜3杯飲みます。しかし、糖尿野郎にとって東南アジアで困ることのひとつがこのアイスコーヒーです。ベトナムでもそうでしたが、バンコクでも普通に「Ice Coffee」と注文すると、大抵コンデンスミルク入りの甘〜いのが出てきます。私にとってこれは毒物、決して飲んではいけないものなのです。もちろん「No Suger! No Milk!」と言います。すると確かにコンデンスミルクは入っていない。でも甘いアイスブラック?コーヒーが出てくる確率がかなり高いのです。以前マクドナルドで注文したときも甘いのが出てきました。「砂糖抜きっていったんだけど⋯⋯。」と店員に言うと、「すみません。アイスコーヒーは砂糖入りしかありません」という返事が。じゃぁ、最初から言えよ! と憤慨したところで、そこは東南アジア的テキトーさ、ということで、あきらめるしかありません。スターバックスなどでは正真正銘のブラックコーヒーを出してくれますが、値段が高い。それに編集部の近くにない。とにかく、いくつか探してダコ編集部近くにあるホテル1階のカフェが砂糖抜きアイスコーヒーを出してくれるので、毎日1杯60Bのアイスコーヒーをそこで買っていました。ところが、先日ついに発見したのです!

IMG_7320

そこはダコ編集部最寄り駅のBTSラチャテウィー駅4番出口の階段を降りたすぐ左にあるコーヒースタンド。実はダコに通うようになったときからあるのは知っていたのですが、屋台風だしカウンターにはコンデンスミルクの缶がドッサリ積まれていたので、「どうせ砂糖抜きはないだろう」と最初から相手にしていませんでした。でも、ある日試しに砂糖抜きアイスコーヒーを注文してみました。するとオバチャンは2回確認し、砂糖抜きアイスコーヒーを作ってくれたのです。しかも値段は20Bで、量もすごく多い。これはお得! 味はちょっと薄いけど、「違いの分からない男」である私にはこれで十分。それからは毎朝ここで「砂糖抜きアイスコーヒー」を買って編集部に行っています。

みなさん、糖尿病だけにはならないように注意しましょうね。とにかくめんどくさいですから。(Jun)

IMG_7318

 新着記事を読む 

関連記事

  1. LAZADA1 タイでネット通販ライフ! 「東南アジアのAmazon」こと「LA…
  2. IMG_5123 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】カレーに興味のない奴が、プラカノンのイ…
  3. バンコク咳撃退法
  4. 【ちょっぴり贅沢な気分に浸れる週末を】パタヤで優雅に英国式ガーデ…
  5. Shrinp issue1 エビ七変化! エビが楽しめるレストランShrimp Issue
  6. 中国正月に赤く染まるバンコク

オススメ記事

  1. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  2. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  3. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  4. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  5. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中

PAGE TOP