バンコクの街角

タイでの布の買い方

本日、どちらかというと、女子ネタです。

 

 

先日、たまたまネットでとても素敵な50~60年代の

ギャザータック入りサロペットスカートを着た女性の画像を

見つけました。全体の雰囲気が自分の好みで、

「よし!これを作ろう(正確には作ってもらおう)!」

と布問屋が並ぶパフラットに布を買いに行くことにしました。

 

 

「はて、どう言って買ったらいいんだろう?」

「こんな感じのデザインの場合、どれぐらいだろう?」

 

 

と言うことで、縫ってもらう予定の人に聞きました。

すると「布屋でこれを見せなさい」と、渡されたのが

こちらの手書きメモ。

 

 

ナー・クワン60ニウ、チャイ・パー2メーット

あるいは

ナー・クワン45ニウ、チャイ・パー2.3メーット

 

上の文を直訳すると「幅広60インチ(≒1.54m)、2mの布を使う」。

店頭で断裁するのを見ていたら、1.54m×2mということのようで、

布幅は、60インチのものと45インチのものがあるようで

長さを1mとか2mと、必要に応じて断裁してもらうんですね。

 

バンコクで、部屋のファブリックとして布を買うときは、適当に切って

もらっていましたが、洋服となるときちんと寸法に合わせて必要に

なりますね。あったりまえのことを今ごろ(在10年)知りました(K)

 

 

ちなみに、このデザインは、ボックスタイプのスカートの2倍の布を

使うそうです。市場感覚で値段交渉してみたら、2m分の値段で

2.5m分の布をくれました。「これで、短パンも作れるよ」ですって。

 

さらにボタン屋さんで貝ボタンを6個買ったら、「予備に1個」の

おまけをくれました。

 

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 閉店?移転? 新サバイジャイ ガイヤーン エカマイ(バンコク)の…
  2. ダコ営業マンのとあるアフター5
  3. bukotsu1 熱く濁ったドロドロスープ! 麺屋 武蔵武骨
  4. main マンゴスチン・スイーツとチェンマイ発の有名ティー・ブランドでほっ…
  5. バンコクの花火事情
  6. ファイル_000 (3) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】冬はやっぱりおでんだね!の巻

オススメ記事

  1. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  4. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  5. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】

PAGE TOP