街の情報

本日よりバンコクのタクシー料金が値上げ! 気になる新料金体系は?

以前より値上げが検討されていたバンコクのタクシーですが、ついに昨日、タイ運輸省の認可が降りて12月13日(つまり今日)から新料金が適用されるようになりました(参照記事はこちら)

 

タクシー料金がどれくらい値上がりするのか、分かりやすく表を作ってみました。参照元はThai PBSのTwitterです。

 

旧料金体系

 

初乗り(最初の1kmまで)

35B

112km

1kmあたり5B

1220km

1kmあたり5.5B

2040km

1kmあたり6B

4060km

1kmあたり6.5B

6080km

1kmあたり7.5B

80km以上

1kmあたり8.5B

時速6km以下での走行

(渋滞時・信号待ちなど)

1分あたり1.5B

 

■新料金体系(20141213日以降)

 

初乗り(最初の1kmまで)

35B

112km

1kmあたり5.5B

1220km

1kmあたり6.5B

2040km

1kmあたり7.5B

4060km

1kmあたり8B

6080km

1kmあたり9B

80km以上

1kmあたり10.5B

時速6km以下での走行

(渋滞時・信号待ちなど)

1分あたり2B

 

(補足)

※無線サービスなどを使ってタクシーを呼び出す場合 20B追加

※空港のタクシーサービスを使う場合 50B追加

この2点は従来どおり据え置きです。

 

12kmまでは10%、12~20kmでは約18%、80km以上に至っては約24%もの大幅値上げとなっています。

 

当初の話では8~10%となっていたのに……。

 

とりあえず、感覚的には「街なかでのタクシー移動はこれまでの1割増し」「空港に行く場合は2割増し」くらいで考えるといいかもしれません。

 

といっても、実際に今すぐ乗ってすぐに新料金が適用されるわけではありません。車載メーターの設定を新たなものにする必要があるからです。

 

バンコクには個人・法人合わせて11万台以上ものタクシーが登録されているのに対して、タクシーメーターを取り扱っている会社はたったの10社。メーターを新料金に対応させるためにはこのメーター会社に行かなくてはなりません。すべてのタクシーが新料金にはある程度の日数がかかると見られています。

 

また、新料金適用に際し、タクシーの車両や運転手の服務態度などに基準が設けられ、それをクリアした車両のみが新料金メーターを使用することができます。

 

新料金メーターを搭載した車両には、その目印として水色のステッカーが貼られるそうなので、タクシーに乗る際の参考にしてください。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. [new open] ヨーロピアン・スタイルのフュージョン日本料…
  2. retty 「オススメのお店」を友人に紹介しよう! 「Retty」タイ版アプ…
  3. lock box 駅近で便利! コインロッカー・サービス「ロック・ボックス」
  4. トンブリーに日本がモチーフのモール「パセオ・パーク」誕生
  5. klong padung パドゥン・クルン・カセーム運河 定期船運行スタート!
  6. バンコクエアウェイズ、 自動チェックイン機を導入

オススメ記事

  1. meditation breathing yoga Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】
  5. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】

PAGE TOP