ブンに訊け!

私の所得税が払われてなかった【ブンに訊け!】 vol.216

編集部のタイ人経理部長「ブン」がタイに住む日本人の悩みを快刀乱麻で解決する!

読者からのご相談

(前略)2月末をもって、前会社が整理されたことにより解雇退職となりました。

給料は2月末まで通常通り支払われました。額面6万5000Bです。ここから所得税と社会保険料を合わせて約5000Bが給料から天引きされ、手取り額はこれまで通り約6万Bなのですが、送られてきた書類により1月と2月分の納税額はゼロになっていたことがわかりました。

本来は会社が約5000Bを納税しておくべきなのではないのでしょうか? 前会社オーナーとは連絡が取れない状態です。年末調整の際に、自己負担しなければならないのでしょうか?

どうかブンさんのお知恵を貸していただけますでしょうか。どうぞよろしくお願い申し上げます。(U)

ブンからの回答

「年間の所得にかかる」所得税は会社が月給からあらかじめ差し引いておかなければなりません。年間所得に対する税金ですので、年末に所得税の過不足分を調整します。

さて前会社が1月と2月の月給から所得税を差し引いていなければ、年末の調整で、Uさんが払うべき所得税が発生します。給料6万5000Bに対してです。ですので手取りの額が税引き後と同じ6万Bだったというのは不可解です。

Uさんが新しい会社の従業員になる場合、労働許可証を申請する際に、今まで社会保険料と所得税を滞納していないかを見定められます。

前会社のあった区役所の税務課を訪れ事情を説明し、前会社オーナーの連絡先をつきとめ、所得税分を返してもらう交渉をすべきです。しかしながら、コロナ禍で役所内もてんてこ舞いなので、年間の合計所得がわかるまで取り合ってくれないかもしれません。

新しい会社に勤めるなら、そこで事情を説明しておいてください。


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 反政府デモについて vol.080
  2. 走る赤ナンバープレート vol.061
  3. ゴミ収集車が来ない夜 vol.169
  4. バンコクの運河浄化作戦 vol.106
  5. 不正使用された代金の支払い vol.066
  6. title-bun-inside 失業保険を遡って申請 vol.156

オススメ記事

  1. 通勤時間0分!快適な住まいとコワーキングスペース&サービスオフィスが融合した「LiveWorkAsia」
  2. 【タイゴルフ施設ガイド】ゴルファーも非ゴルファーも!最新スポーツ·エンタメを満喫 トップゴルフ メガシティ Topgolf Megacity ミノプロが行く!
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 本帰国前にゴッドハンド先生のお店で身体の状態をチェックすると、こんないいことがあるよ。【バンコク・リリーブクリニック】
  5. 社会貢献者表彰 推薦募集中!vol.04 第56回受賞者 スランガニ(スリランカ)

最新のTHB-JPY

PAGE TOP