バックナンバー

今、ラノーンというところにいます ラノーン特集前編 2017年12月20日発行-第471号

(一番最後のページにスライドしてから見てください)

p.9 特集 今、ラノーンというところにいます ラノーン特集前編

今、タイ人に訊いても「温泉」としか言われないタイ南部のラノーン県にいます。

フライトは少なく、長距離バスに揺られると9時間もかかる。地形は9割近くが山岳で細長い。幅は広いところで25km、狭いところはたったの9kmだ。降雨量はタイでトップなだけあって日本語ガイドブックではせいぜい2ページ程度でしか扱われない。

しかしラノーンは美しいビーチや自然が豊富で、食事も天然素材ばかりを集めた隠れた楽園だった。余生はここでとバンコクに疲れたタイ人たちが今、ラノーンに注目しはじめている(と断言)。ラノーンにどんな魅力があるのか。プーケットやサムイに目が行き、いつもなら通り過ぎてしまうラノーンに今、います。

p.03 街が呼んでいる
p.05 NEWS IN BANGKOK
p.07 PROMOTION
p.21 Fresh Food News
p.23 厨房探訪
p.25 屋台の細道
p.27 大地のめぐみ
p.29 おつまみコラム チムダコ
p.33 男と女の学際研究
p.34 ブンに訊け!
p.35 バンコクひと巡り
p.36 死ぬまでに行って見たいタイの絶景・お祭り
p.37 ワンデートリップ「ドゥシット区旧市街の隠れ家で、花と料理の魔法にかけられて」
p.40 イベント早耳情報「What’s Happening in Town」
p.44 習い事
p.49 無料掲示板 Billboard
p.50 こんなところにタイランド
p.52 曼谷シャワー
p.53 ちゃいまっか@CHAI MAI
p.54 アジアの路上で深慮浅慮

 

このバックナンバーの電子書籍版を購入することが出来ます。 こちらをクリック。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 第82号 2001年10月5日発行 特集 秘書が教えたタイ料理
  2. 日本人インターン、ダコに来る! 実録・女子大生は見た 2018年…
  3. 第26号 1999年6月5日発行 特集 イカの沖漬けに挑戦
  4. どーなってるの? タイの結婚 2018年4月5日発行-第478号…
  5. 第363号 2013年6月20日発行 特集 お腹と心の解放区へ …
  6. 第206号 2006年12月5日発行 特集 バンコク 快感インテ…

オススメ記事

  1. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  2. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  3. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」

PAGE TOP