バンコクの街角

その禁止事項いる? 中国の列車事情

昨年末のネパールトレッキングに続き今年も10日間一人旅をしてきました。 今回選んだ場所は中国・雲南省。 昆明とチベットのラサを結ぶ茶馬古道を巡る旅です。 海外に出始めてから今年で15年になりますがなんと始めての中国。 かっても分からず色々と大変なことになりましたが、またそれは取っておきます。

 

今回紹介するのは昆明から麗江まで乗った列車での禁止プレート。 お国変われば色々と変わるものです。

 

 

1つめ。 「喫煙禁止」 これはまあ理解できますが、喫煙禁止のプレートが貼ってない場合どこでもたばこを吸うのが中国人。 ちなみにプレートが張ってても吸っているのを多々目撃したりもしました。 アイヤー!

 

2つめ。「車外に物捨てるの禁止」 当たり前ですが基本捨てます。 どこにでもものを捨てるパターンが多いです。 それが床であれ車外であれという感じ。 利用したのは寝台列車だったので捨てる人はいませんでしたが昼間だ多いのかもしれないですね。 アイヤー

 

3つめ。 「つばや痰を吐くの禁止」 いやーこれはホントにびっくりした。 いやはやなんとも中国らしい禁止事項。 街なかを歩いていても痰を吐く音が車のクラクション以上に聞こえるし。 もう不快! アイヤー!

 

ここまで書いておかないとやちゃうってことなんだよなー なんともアメージング中国(G)

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. main タイのマクドナルド、期間限定の真っ黒なバーガーを食べてみた
  2. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】なかなか行けなかったところ①「スカラ・…
  3. garrett_store やたら人が並んでたあの店のアレって本当においしいの?を検証してみ…
  4. nightmarket つぶやきナイトマーケット
  5. バンコクオーガニック事情
  6. 【日曜日はお馬に乗って】パタヤで見つけたリゾートかと見まがう乗馬…

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】

PAGE TOP