街の情報

【プール使いの裏技あり!?】プリンセスの館で優雅に過ごす半日【The Athenee Hotel, a Luxury Collection Hotel, Bangkok(アテネホテル ラグジュアリーコレクション バンコク)】

「当ホテルを知っていただく半日ツアーに参加しませんか?」
そんなお誘いを受けて訪れたのは、プルンチット駅そばの好立地に佇む「The Athenee Hotel, a Luxury Collection Hotel, Bangkok(アテネホテル ラグジュアリーコレクション バンコク)」。
日本にはアテネホテルがないということもあって、これまであまり馴染みがなかったけれど、
ランチ→スパ体験→アフタヌーンティーへのご招待ということで、その素敵な誘いに心躍らせながら、いざ出陣!

 

ひとたびロビーの地を踏めば気分はプリンセス

圧巻の天井高に豪華なシャンデリア達、正面から中二階に伸びていく二つの螺旋階段……。
まず何が驚いたって、正面ロビーのかわいらしさと豪華さ。
お花が大好きだというタイの王女様をイメージしているとのことで、ホテル内の様々な装飾品や絵画に花が描かれており、シャンデリアまでも花の形になっています。

壁紙もシルクが使われているため、さらに気品溢れる空間に。

 

女性シェフが手がける繊細なフレンチ「The Reflexions」

スタッフの方達に案内され、最初に向かったのはフレンチレストラン「The Reflexions」。

こちらもまた天井が高く広い窓が開放的。
“Hugo”と名付けられたマナオ入りのウェルカムドリンクで爽やかにお食事スタート!

オランダ人の女性シェフが毎日季節ごとのメニューを考案。
焼き立てのハーブパンをいただきながら、シュリンプカクテルやサーモンアミューズが登場。ガスパチョもソルベ風な創作で、色とりどりのトマト達と一緒に食べるとすごくおいしい!
フレンチキュイジーヌなんて、久しぶり……いや、そもそも食べたことあったかしら??

何しろ出てくるものすべてがおいしいのはもちろん、見た目も繊細で感動ものなんです!
ここは女性シェフらしい感性を感じました。

そしてメインはマッシュルームソースでいただく平目や、和牛サーロインの登場。全てがあっさり上品な仕上がりで、舌も目も喜ばせてくれる技に脱帽です。

その感動を伝えたくてオープンキッチンを覗いてみると、キュートな女性シェフが嬉しそうな顔してこちらを見守っていました。

で、そのシェフから日本人の私達への特別デザートが☆ その名も「Yuzu」。
ゆずソースの入ったケーキやゆずシャーベット。桜の形をしたおかきのようなものがあちこちに飾られているのも素敵なおもてなし。

そして何と、アテネホテルでは自社ファームを持っており、すべてのレストランで使われている材料は自社オーガニックとのこと! これは驚き!

 

なんとも珍しい血液型別トリートメントがある「Athenee SPA」

お腹も満たされ向かったのは、「Athenee SPA」。

案内されたトリートメントルームの大きな窓からは、南国らしい緑溢れるプールサイドが一望できます。そちらを借景にしながらの、リラックスマッサージ。これぞ至福の時!


今回は(時間の関係もあり)ヘッド&ショルダーマッサージでしたが、こちらのスパのイチ押しコースは“Blood Type Retreat”。

その名のとおり、血液型に合わせたプロダクトを使ったトリートメントなのです!(4時間 8200B)
血液型別のプロダクトはスパで購入することもできます。

ちなみに、大きなジャグジー付きの2ベッドトリートメントルームも圧巻です! たまには贅沢な癒やしの時間をカップルで過ごすのも◎。

巨大ジャグジー! もうこの部屋に泊まってもいいくらい。笑

 

バンコクでは珍しいウォークインもOKなプール

さきほどスパから見えたプールが素敵だったので、見学させてもらいました。
ビル群に囲まれた緑溢れるプールサイド。都会の谷間のオアシスとはまさにこのこと!
お隣に突然広がる素敵なガーデンも、お庭好きなプリンセスをイメージしたデザイン。至る所に王室を愛する、素敵な想いが散りばめられています。

そしてこちらなんと、バンコクでは珍しく「プール利用だけでもOK」なんだとか。これはいい情報!

プールのみ1日利用:650B(サウナ、ジム、スチームルームも利用可)
※サンデーブランチ2400Bの利用者はプール利用無料
※宿泊者はプール利用のほかにプールサイドにて、週1回無料のムエタイレッスン、ロータス作り体験あり。

プールの1日利用があるのはもちろん、サンデーブランチの利用でプール利用がついてくるっていうのはうれしいですね!
朝から夕方までホテルで楽しめちゃいそうだから、これはお得かも。

 

恋のセンスが止まらないバレンタイン・アフタヌーンティー「The Rain Tree Cafe」

そして最後はロビー階にある『The Rain Tree Cafe』にてアフタヌーンティー。

カフェに足を踏み入れた途端に流れ出したピアノ演奏。この曲は……

日本の名曲、「桜」

日本人の私達のために奏でてくれたという、粋な計らい! ピアニストの老紳士が、素敵な笑顔で「one more song for you・・・」。
続けて「上を向いて歩こう」を弾いてくださり、場違いにも涙が出そうな私。このピアニストの方は、毎週金・土のディナーに演奏されているそう。また聴きたい……。

 

そしてその奥に広がる「シークレットガーデン」のお部屋へ。こちらもお庭好きの王女様から取られたネーミング。これまたヨーロッパにある温室のような素敵なお部屋で、思わずため息。はぁ。

今回いただくのは季節柄といいますか、「Valentain Afternoon Tea」。

じゃじゃーん!!!

テーマは「恋のセンス」。またまた粋―!!

 

Menu

・スモークサーモン、ツナのプチケーキ、ホタテのタルト

・ビートルート、レーズン、の2種のスコーン

・ピンクレモネードのムース

・ライチとローズのカスタードケーキ

・梨、ストロベリーシャンパン、ラズベリーシャンパン、の3種のタルト

 

アフタヌーンティーメニューに合う紅茶も、たくさんの種類の中から紹介してくださり、「Shangrila」というのをいただいてみたけど、デザートにすごく合う!

更におせっかいでありますが(笑)カップルで来店の場合、アフタヌーンティーの段々プレートがとても可愛くてユニークな形であるので、持ち手の部分をフレーム状態に、相手側の顔を丁度そこに入れてもらうと、ナイス!な記念写真が撮れるでしょう。

こちらのメニューは2月14日まで。
サービス時間:14時~17時
お値段:2人分1200B(税サ別)~

そして3、4月は、自社ファームの素材をふんだんにつかったOganic Afternoon Teaとなる予定だそうです(要予約)。こちらも楽しみ~

 

あと、自社ファームの商品が売っているカフェスペースも併設されています。こちらもかわいい!

ライスもこちらのShopにて販売。お土産にもよさそう!(白米:60B、ベリー米:90B)

 

きらめきの時間はあっという間に過ぎ去り。
今度はゆっくりお泊りもいいよね~。サンデーブランチも食べに来たいなぁ~。
後ろ髪を引かれまくりつつロビーを出る私たちに、時間の国のアリスに出てくるウサギの様な格好をしたドアマンが、素敵な笑顔で言った。

「We hope you’ll visit us again」。

 

また来ます!!!!
(書き手:YUKA)

The Athenee Hotel, a Luxury Collection Hotel, Bangkok(アテネホテル ラグジュアリーコレクション バンコク)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. bts BTS延線部分の運賃を 値上げ、一律15Bに
  2. プロムポンの新名所「エムクオーティエ」誕生!
  3. 「コーカンドー・カフェ&ファーマシー」、ソイ39にオープン
  4. DYMクリニック 日系病院「DYMクリニック」 6月4日に移転オープン
  5. suanlum モールになって復活! スアンルム・ナイトバザール
  6. ANAエコノミークラスの手荷物許容量が倍増!

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!

PAGE TOP