バンコクの街角

本誌に載せられない裏・ちょっトリップ「インド・デリー」前編

ある日の編集ミーティング風景。

 

私「今度、弾丸で◯◯◯に行くんです。1泊3日で。この日程なら本誌のコラムの『ちょっトリップ』で書けるんじゃないですか?」
鬼編集長M「は?距離的に全然ちょっとじゃなくね?寝ぼけたこと言うな、却下!」
私「」

 

 

 

LCC全盛時代。今やバンコクからドイツ・ケルン北欧のストックホルム、オスロまでLCCが直行便を飛ばし、ちょっとそこまで、といった感覚でタイからヨーロッパへ行けてしまう訳です。じゃあ今回の1泊3日の旅路も「ちょっトリップ」と言えるのではなかろうか?

というわけで、本誌に書けなくなってしまったので、「裏・ちょっトリップ」と銘打ってWebに内容を公開したいと思った次第です。

(決して卑猥だからって、訳じゃありませんから)

 

 

 

で、今回のテーマは「インド・デリー」。ちょっとにしてはハードル高いですかね。この旅は観光以外の目的もあったので結果的に1泊3日になってしまった訳ですが、弾丸でも十二分にいける!ということを証明してみましょう。

 

ちなみにデリーにはバンコクから直行便で約4時間半ほどで着きます。初日は朝8時半発の飛行機に乗り、現地11時半頃(タイとは時差1時間半)到着です。

 

 

日本人なので忘れがちですが、インド入国の際は観光でもビザが必要です。観光であればオンライン上で申請が可能なので、あらかじめ済ませて置いた方が色々と楽です。

 

 

※ちなみに下記サイトがとても参考になりました。

インドビザを取る方法(2018年版)徹底解説。

http://joshitabi.info/2015/09/indiavisa2015/

 

 

 

空港からはエアポートメトロで約20分、中心駅のニューデリー駅に到着です。

今回はメトロで中心部に出ましたが、タクシーはトラブルが多いのでUBERを使うのがおすすめです。市内の移動もぼったくりもなく安心なので、デリーではメトロと組み合せれば最強の移動手段と言えるでしょう。

(ただ、クレジットカードが使えないこともあるのがよくわからん。)

 

 

 

さて、駅から一歩出るとこんな光景が。

 

まさにインドって感じ!

 

駅前のホステル街なんか、路地が入り組んでいて完全に迷路。気温46度(!)の灼熱地獄の中に迷宮を歩いていると、頭がクラクラして来て一体何をしに来たのかわからなくなってくるんですね。自分が。インド旅行者がインドに惹かれる理由はこのふわふわした何とも言えない感覚も影響しているのでしょうか。

 

 

ただ初日の夕刻以降にインドに来た本来の目的を果たす必要があったので、早めにホテルにチェックイン。

5つ星ホテルが1泊3000Bほどで泊まれたので浮かれていたら、完全に写真を撮り忘れるほどの快適さ。そしてその後近郊の新興都市・グルガオンへと向かいました。ちなみに完全な私用なのでグルガオンでの顛末は省きます。ただこれも写真撮り忘れたのもあるんですけれどね。

 

このグルガオンの街はインドとは思えない近未来感満載なので、時間を改めてじっくり巡ってみたいなと思いましたね。インド人以外がビジネス目的で住む場合はグルガオンを選ばれることが多いそうですし。

 

 

 

そして本格的にデリーの街を巡り始めたのは、日が明けた2日目。(つづく。ごろー)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 初めてのフアヒン
  2. IMG_1643 【なんと4倍!】急に増えた、タイ発行クレジットカード上限の謎!?…
  3. s-P_20160213_143842 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第21回 サガミ
  4. U0012215 プラカノンのお座敷ライブハウス「Live Cube」でまったりし…
  5. 要チェック! モバイルバッテリーの飛行機内への持ち込みについて
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCOcam with g3 preset ダコスタッフみんなで、バーンプラまで1DAYトリップ!

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」

PAGE TOP