街の情報

クリエイティブ魂に火をつける 「オープンハウス」新登場!

Openhouse

 

セントラル・エンバシー6階に3月25日、書店やコワーキングスペース、ギャラリーなどからなる複合スペース「オープンハウス」がオープンしました。

「co-living space」をコンセプトにしたライフスタイルスペースで、デザイン系やアート系など2万冊以上が揃う書店「Open House Bookshop」をはじめ、コワーキングスペース「Co-Thinking Space」、アートギャラリー「Art Tower」ほか、「バオ&バンズ」や「ブロッコリー・レボリューション」などが入居するセルフサービス形式飲食コーナー「Eating Deck」、ナポリピザ「ペッピーナ」などの人気店がバルコニー席で楽しめる「Eatby the Park」を用意。

さらには、子供向けにトランポリンやスパイラルスライダーを揃える「OpenPlayground」など全8ゾーンから構成されています。

 

Open House

場所:6th Fl., Central Embassy, 1031 Ploenchit Rd.
時間:10時~22時 無休
電話:0-2119-7777
FB:www.facebook.com/openhouse.ce
料金:Co-Thinking Space 3時間:200B(以降40B/時間)、1日:350B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. mahanakhon タイで一番高いビル、「マハーナコン」完成!
  2. Asian Holistic Academy タイ発有名スパブランドによる セラピスト養成講座
  3. ラムカムヘン通りに駅直結 24時間営業の新モール
  4. [new open] 1930年代の上海を模したコンセプチュアル…
  5. ちょっと歩けば出合える!街を彩る「バンコク花図鑑」
  6. [new open] 二日酔いの心強い味方! セキュリティー・フ…

オススメ記事

  1. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  2. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  3. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  4. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  5. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと

PAGE TOP