街の情報

財務局がプラナコン区に2つの博物館をオープン

 

タイ政府財務省財務局は8月1日、プラナコン区に2つの博物館をソフトオープンさせました。

プラスメン通りの「バンラムプー博物館」( 写真左)は、ラマ1世時代(在位1782~1809年)に建てられた印刷技術訓練所を改装し、バンラムプー・コミュニティやプラナコン周辺の歴史を紹介。チャクラポン通りにある「コイン博物館」は、貨幣経済の歴史からタイ人の生活様式の変遷までを網羅します。

 

Banglamphu Museum

場所 Phra Sumen Rd(. プラスメン砦そば)
電話 0-2629-1850

HP FBページ:pipitbanglamphu


Coin Museum

場所 Chakraphong Rd(. ナショナル・ギャラリーそば)
電話 0-2282-0818

FBページ:coinmuseumthailand

両博物館ともに、10時~18時 月休 ※9月30日まで無休
入場料100B ※9月30日まで無料

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 若者の街に新登場 タイ料理との融合パスタ
  2. Thai Taste Hub Mahanakhon CUBE-main バンコク最上級のフードコート「タイテイストハブ・マハナコン・キュ…
  3. Ookbee Mall 日本の価値ある商品をタイへ ウークビー・モール始動!
  4. muji 「MUJI」のフラッグシップストア ゼン・セントラルワールドにオ…
  5. banknote プミポン前国王を偲ぶ記念紙幣が登場!
  6. [new open] 在住者に愛されて20 年の吉左右が全面リニ…

オススメ記事

  1. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  2. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  3. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  4. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP