バンコクの街角

ご近所グルメ、バンコク東郊タウン・イン・タウンのシーフードレストラン「オップ・アロイ」

U0005758

 

ラムカムヘンの我が家からほど近くにある、うまい店を見つけ出して紹介するこのシリーズ。今回は、車で10分くらいのところにある、タウン・イン・タウンのシーフードレストラン「オップ・アロイ」です。

 

タウン・イン・タウンはラップラオ通りソイ94からくねくね入っていくとある、シーワリー通りを中心とする一体の愛称で、おしゃれなお店が続々と登場している(わが家にとって)注目のエリアなのです。結構タイ人もいろんなところから車を飛ばしてここに食べに来ているという話もちょこちょこ聞きます。

 

本来であれば、我が家から車で10分くらいなのですが……、この日、ラムカムヘン通りからタウン・イン・タウンへと向かう道の橋が保守工事のため、通行不可に。結局大回りするはめになり、30分くらい掛かってしまいました。保守工事と聞いて、表面上のちょっとした工事だけかと思いきや、覗いてみるとがっつり作り直していたので、ちょっとびっくりです。

 

U0005748

 

さて、本題の「オップ・アロイ」ですが、かなり広い店内なのですが、日曜日の夕飯時ということもあって、大勢のお客さんで大賑わい、10分くらい待たなければいけないほどの混雑でした。

 

U0005773

 

その日、頼んだのは「クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の蒸し煮)」「クン・メーナム・パオ(川エビのグリル)」「ホイ・シェル・パオ・オップ・ヌーイ(ホタテのバター焼き)」「プラークラポン・トート・ナムプラー(スズキのナムプラー揚げ)」など。

 

 

U0005770

 

 

U0005765

 

 

U0005762

 

 

料金を見たときは、けっこういい値段するな~、と思っていたのですが、運ばれてきたのを見て、食べて、納得のボリュームと鮮度の料理たちでした。

 

郊外型のシーフード・レストランということもあり、おしゃれ度は低いですが、みんなでわいわい食べたいときにぴったりの一軒です。

 

ちなみに、こちらの名物料理は、なんと「カオニャオ・マムアン(マンゴーともち米のデザート)」。これを食べずして、「オップ・アロイ」に来たとは言えない、とタイ人たちが口を揃えるほどの味らしいのですが、残念ながら、売り切れていました。

 

シーフード・レストランのマンゴー・デザートというと、僕からしたら変な組み合わせに感じましたが、そういえば、近所のイサーン(東北タイ)レストランの名物もブルーベリー・タルトだったと思い出しました。

 

これからの飲食店にとって、店のイメージとはちょっと違う名物スイーツを用意することが、タイ人の心をつかむ、ひとつのとっかかりになるのかも、と、思ってみたり。
(U)

 

 

 

U0005777

Ob Aroi

住所 Sri Wara Rd., Soi Latphrao 94 (Town in Town)
営業 月~土:16時~23時、日:11時半~23時 無休
電話 0-2559-0628、08-9015-5656
HP  www.obaroi.com
料金 川エビのグリル400B/500g、エビと春雨の蒸し煮220B、ホタテのバター焼き140B、スズキのナムプラー揚げ290B、マンゴーともち米140B

 

MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. GlicoIce 今でも品薄が続くグリコのアイス……。しかし、ここなら確実に買える…
  2. レトロデパート「ナイチンゲール-オリンピック」の隠し部屋、その内…
  3. クラブ活動第7弾~プーケット編~
  4. 2016-05-21_062644795_FB71D_iOS 【ごろーの清邁酒場漫遊記】まるで○郎!?チェンマイで出会った、衝…
  5. puu03 今度の週末、家族でパタヤはいかが? スライダーで遊んで、その後は…
  6. 一時帰国時に大活躍! 国内線飛行機がなんと1回1万円で乗れるお得…

オススメ記事

  1. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. 【Sacred Heart Yoga】自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート

PAGE TOP