グルメ

[food new] 文豪の名を冠した築90年の一軒家レストラン【Hemingway’s Bangkok】

かつてフランス大使公邸として使われていたという、スクムビット通りソイ14の一軒家。この2月にアメリカ料理店&バーとして生まれ変わりました。内装のモチーフはアメリカの文豪・ヘミングウェイ。一日中開いているバーで、『老人と海』を読んでみては?

1 Soi 14, Sukhumvit Rd.

11時半~24時 無休  0-2653-3900

アヒル胸肉の炙り マンゴーサラダ添え450B、サーロインの炭火焼き900B、マルガリータ200B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バーン・ミー・ボー ベトナムの風が吹く「バーン・ミー・ボー」
  2. iron chef 日本とタイの「料理の鉄人」の競演
  3. オリーブ牛ステーキ オリーブで育てられた讃岐牛 「オリーブ牛」がタイに上陸!
  4. yamato こだわりのシコシコ盛岡冷麺!
  5. sushi 10 ban 江戸前寿司と藁焼きの店、寿司十番
  6. hello strangers cafe 髑髏のマグ!? スクムビットの新個性派カフェ

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  5. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話

PAGE TOP