シーラチャー

〝みんなの台所〟シーラチャー市公設生鮮市場で獲れたて鮮魚をチェック

 街のランドマーク・時計台のたもとにある「シーラチャー市公設生鮮市場」は、まだ夜が明けない朝4時ごろから人が集まり始める。肉や魚、青果物といった食材から日用品まで敷地内に所狭しと並ぶ、市民の生活には欠かせない市場だ。中でも、近くの海で獲れたばかりの魚介類は市場の看板商品。近隣で店を構える料理人をはじめ、シーラチャーに住む多くの日本人も鮮魚を求めてやってくる。

取材に訪れたのは平日の朝7時を過ぎた頃だったが、食材は絶えず入荷され、場内は買い物客で賑わっていた。「今朝5時に揚がったばかりだよ」と薦められたイカは濁りのない瞳と肌を輝かせ、シャコは身をよじらせ動き続けるなど、食べるのが申し訳なくなるほどの活きの良さ。この他、シーラチャー名物だという「プラー・サーク(バラクーダ)」といったスーパーでは見かけない魚たちとの出合いも一興だ。


MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発★ちょっトリップ『週末のリラックスタイム、 北パタヤが…
  2. king power 改装費約2500万B 「キングパワー・ランナム」
  3. チェンマイの最先端スポット! 「one nimman」
  4. シーラチャーに「住む」
  5. ダコのタイ人スタッフがオススメ!バンコク近郊で自然を満喫
  6. airasia タイ・エアアジアX 札幌路線を一時運休へ

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  3. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP