シーラチャー

〝みんなの台所〟シーラチャー市公設生鮮市場で獲れたて鮮魚をチェック

 街のランドマーク・時計台のたもとにある「シーラチャー市公設生鮮市場」は、まだ夜が明けない朝4時ごろから人が集まり始める。肉や魚、青果物といった食材から日用品まで敷地内に所狭しと並ぶ、市民の生活には欠かせない市場だ。中でも、近くの海で獲れたばかりの魚介類は市場の看板商品。近隣で店を構える料理人をはじめ、シーラチャーに住む多くの日本人も鮮魚を求めてやってくる。

取材に訪れたのは平日の朝7時を過ぎた頃だったが、食材は絶えず入荷され、場内は買い物客で賑わっていた。「今朝5時に揚がったばかりだよ」と薦められたイカは濁りのない瞳と肌を輝かせ、シャコは身をよじらせ動き続けるなど、食べるのが申し訳なくなるほどの活きの良さ。この他、シーラチャー名物だという「プラー・サーク(バラクーダ)」といったスーパーでは見かけない魚たちとの出合いも一興だ。


MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 3泊4日のVILLA ROMANCE @ セレス・ビーチフロント…
  2. あり得ない距離で動物と触れ合う カオキヤオ動物園
  3. シーラチャーで「遊ぶ」
  4. airasia タイ・エアアジアX、イランと オマーンに新規就航!
  5. 11月8日開催「日本語通訳で体験するタイの瞑想ツアー」
  6. maibatu_Wat Chai Wattanaram まいばる的おすすめのバンコクスポット「アユタヤ遺跡群」

オススメ記事

  1. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!
  2. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  3. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  4. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP