ワンデートリップ

タイ版サグラダファミリア 「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」とシーフードざんまい

苦楽を共にしたタイ人女子がまもなく会社を辞める。その彼女に「海沿いでシーフードとビールを楽しみ、一緒に過ごした時間をだらだらと話したりしたいね」と言ったら連れてきてくれました。次はあなたが大切な人と過ごせますように。

 

おすすめ係 テンモー 編集部のシニアリサーチャー
旅して書く係 編集部 K ビーチでビールが大好き

リサーチャーとして活躍してくれたテンモーが留学のために会社を辞めることになった。旅の目的は慰労と解放、「ビールとシーフードとだらだら話+どっか見る」。女ふたり旅の1日が始まった。「どっか見る」は、彼女のリクエストで、パタヤの海沿いにそびえ立つ木造物、サンクチュアリー・オブ・トゥルース(以下、サンクチュアリー)へ行くことにした。

往路は実践タイ語でソンテウ交渉

ランナム通りのセンチュリーにあるロット・トゥー(乗り合いバン)乗り場を午前中に出て、現地でソンテウに乗換て、昼前に到着。ロット・トゥー売場でのチケット購入、運行時間の確認、ソンテウ(乗り合い小型トラック)との交渉など、今回はタイ語力が多少いる道中だ。次回、私が日本からの友人を連れていく時は、頑張らねばならない。ま、それも楽し。失敗も楽し。何語だろうが通じりゃいいんだ。というのはテンモーたちタイ人と仕事をしてきて知ったこと。

建物周辺の心地よい散歩道をゆく

 

サムットプラカーン県のエラワン象博物館とムアン・ボラーンを建てたレック・ウィリヤパン氏が、伝統の木造物を蘇らせるために1981年に着工したのが、パタヤのサンクチュアリー。レック氏が亡くなった現在でも竣工にはいたらず、建設が続いている。
その様子と豪奢な彫刻の外観、内なる採光の状態など、アジアのサグラダファミリアと呼んでもいいのではないだろうか。

その高さは100m以上だ。歴女のテンモーはちょっと悔しがる。「日本の人が来てもサッと通りすぎるだけで、じっくり見ないそうです。建物について説明を受けないからじゃないのかな」と熱心だ。今日はいいよ、だらだらしよう。「いや、ちゃんと書いてください」。……はい、わかりました。建設には300人以上の職人が関わっており、紅木、フタバガキ科の木、ゴールデンチーク、ビルマパドークの4種の木を場所によって使い分けている。いずれも100年以上経っている古木だ。釘を使わず組木の技術で建てられている。

「真実の聖域」と訳されるこの建造物は、人と宇宙との関係が明確に表現されていると言うが、そこはよくわからなかった。ただ、彫られた神々たちの表情、体つきはどれも慈愛に満ちていた。それを木の曲線で精巧に作っている。ニスは塗らない、磨きもしない。彫りっぱなし。ノミの跡に素朴さと技術の高さがうかがえる。柱や壁面には、ヨーロッパとアジアの文様が混在していた。せっかくなので、英語ガイドをお願いして建物内をじっくりみてまわろう。

緑茂るサンクチュアリーの周辺をぶらぶら歩き、園内のカフェでタイ料理を軽く食べた。麺類1皿50B前後。小腹を満たして、実際の彫刻の様子を見に職人の工房へ。写真が上手なテンモーにカメラ講座を受けながら歩いているうちに西日が差し始めた。

初にお目にかかるスープ

早くビールが飲みたかった私は、彼女をせかしタクシーでレストラン「ジェージュック・シーフード」へ向かった。経理のブンが「そういう旅なら」と紹介してくれたこの店は、海沿いではなく道路沿いだった。でも、よかった。ここでおもしろい料理に出会えた。
テンモーが「すっぱーっ!」と顔をくしゃくしゃにしたスープは南国の酸っぱいフルーツ、マカーム(タマリンド)がたっぷり入ったハタの魚スープ。酸味好きの私にはたいそうおいしい一品となった。バンコクではお目にかかれないとテンモーも言う。

彼女がおいしいと唸ったのはパック・グラチェート(水おじき草)の炒め物。シーフードじゃないじゃん。たしかにコクあるソースと野菜の歯ごたえがおいしいかったけど。「元々は話すのが苦手だったけど、特集の調査で鍛えられた。フォーカス・オン・タイランドの写真やホテル会員券などの手配は、交渉しないといけなかったしね。楽しかったのは旅モノや料理の特集。

トゥクトゥクや電車、ロングセラー商品、タイ米などの調べ物は自分のためにもなった……」と、彼女は仕事を振り返り、ビールを1本空けた。ワンデートリップでは、特にノルタルジーを誘う古い街並みが心に残っているという。

またいつの日か、一緒にすごそう。

行き方
BTSアヌサワリー・チャイ駅2番出口からランナム通りのセンチュリー前のロット・トゥー乗り場へ。
パタヤ・ヌアまでチケット片道100Bを購入。ここで帰りのパタヤ発の便は何時まであるか確認して。飲み水は携帯しておこう
2時間弱のドライブ。1回のトイレ休憩あり。なるべく乗車前にすませておこう
バンコク・パタヤ病院を過ぎたところのパタヤ・ヌアで下車。ここから反対車線に渡り、流しているソンテウを拾い、「サンクチュアリー・オブ・トゥルースまで」チャーター交渉をする。目安は1台100B

レストランへ・・・
「ジェージュック・シーフードまではサンクチュアリー・オブ・トゥルース内のチャータータクシーを利用しよう。1台150B
「ジェージュック・シーフード」の反対側に渡り、ソンテウを拾い、パタヤ・タイのロット・トゥー乗り場(Honey Lodge Hotel横)へ。1人8B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発★週末ちょっトリップ メコン川沿いの交易の町 チェンセ…
  2. 参加型美術館「アート・イン・パラダイス」
  3. 郊外の自家用車かタクシーを飛ばして行こう!バンコク郊外の「闘鶏場…
  4. DSC00309 バンコク発ちょっトリップ 『ダコのタイ人スタッフが行く シーチャ…
  5. 「サイアム・ミュージアム」【14回】
  6. main バンコクからロット・トゥーで行く、サムットソンクラーム県の「アム…

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  5. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】

PAGE TOP