旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 バンコク急行

旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 いま、改めて見えた「国民性」【バンコク急行】第16回

先日、ある和食店の主人と話をした。彼は東京都内で4店舗をもっている。コロナ禍のなかで、経営は厳しい。8月に入り、売上は昨年の半分ほどだという。

いつ頃、このコロナ不景気が終わると読んでいるのかと訊くと、あと2年という言葉が返ってきた。

「融資を受け、従業員を減らして、なんとか2年もたせる。この前、同業者の集まりがあったんですが、2年と読んでいる経営者が多かった。来年のオリンピック? もちろんないと思っています」

ほかの業界からも、正常に戻るのは2022年という話を耳にする。2年間、耐えることが、経済界に共通した認識なのだろうか。

2年後──。おそらく新型コロナウイルスは消えていない。SARSウイルスのように、突然、地球上から消えてしまうことはないだろうといわれる。

ワクチンは開発されている。しかしいまのインフルエンザワクチンと同様、特効薬といった認識はないはずだ。ウイルスは3カ月ほどの周期で突然変異を繰り返していく。新しいウイルスへの効き目は弱い。

新型コロナウイルスの弱毒化も進んでいる。ウイルスは弱毒化という宿命を背負っている。ウイルスは自分では増えることができない。人間の体のなかに入ることでようやく数を増やすことができる。そして短い期間で突然変異を起こす。なかには強い毒性をもったウイルスも生まれるが、感染した人間がすぐに死んでしまうため、感染を広める時間がない。生きのびていくのは弱いウイルス。感染力は強いが、人の命を奪うほどではない。いまのインフルエンザである。風邪のレベルになって生きのびる。

それがウイズコロナの時代である。つまり新型コロナウイルスへの対応には、勝者もいなければ敗者もいない。限りなくグレーの、なんだか気もちの悪い状態に落ち着き、人々の意識のなかでは存在感が薄れていく。

2年後とは、その時期を示しているという気がする。

日本に暮らすタイ人とそんな話をした。彼はタイ料理レストランのオーナーだ。

「2年後ですか。私はそこまで考えられないですよ。そんな先を考えて生きてきた経験はありません」

日本人は計画性を高く評価する。しかしその能力が足枷にもなる。瞬間的な対応を遅らせる。タイ人は2年後を見据えようとはしないが、2カ月後への対応は迅速だ。辿り着くウイズコロナの時代に大差はないのかもしれないが。新型コロナウイルスは、国民性を浮き彫りにさせながら、今日も感染者を増やしている。


しもかわ・ゆうじ
アジアや沖縄を中心に著書多数。新刊は『12万円で世界を歩くリターンズ タイ・北極圏・長江・サハリン編』(朝日文庫)、『「生きづらい日本人」を捨てる』(光文社知恵の森文庫)。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】第3回「いら…
  2. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 3通のタイ人の医療請求書【…
  3. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】 第5回 グ…
  4. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】物価観に見る…
  5. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】オタとなった…
  6. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】おはよう派?…

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP