バンコクの街角

【#バンコクの街角】フアムムマーケットへ。マッチョが踊り狂う、あの貝料理店も営業中!

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための規制も徐々に緩和されているバンコクは、活気を取り戻しつつあります。そんなタイの日常を、日本人スタッフの目線で切り取ります。
今回は、デザイナーKがフアムムマーケットへ。あの貝料理店も営業していましたよ。

 

ちょっと遠いということもあり行くことはないだろうと思っていたが、タイ人友に誘われてフアムムマーケットの「サターニー・ミー・ホイ สถานีมีหอย」に行ってきた。そう、マッチョなお兄さんたちがキャミソール姿で踊るパフォーマンスが人気の貝料理専門店だ。


店につくと、奇声を発するマッチョたちがお出迎え。格好は変わらずだが、みなマスクを着け、なかにはフェイスシールドを装着したマッチョもいた。
*写真を撮ろうとするとマスクは外しました。

席に着くと衝撃的な事実が発覚。なんと誘ってくれたタイ人友、カニ、エビ、イカ、貝類が食べられない。食べると痒くなるという。他のメニューがあるから大丈夫だろうと考えていたらしい。

しかし、ホイクレーン(赤貝)は食べれるというより、むしろ好物だという。逆に自分は、ホイクレーンは半生ぽいし、血のような赤い汁がしたったてるしあまり食べたいとは思はないのだが…。

ということで、ここでは軽く食べて出ようとホイクレーン、帆立、エビチャーハンを頼むことに。


突然始まったパフォーマンスが始まったが、ここでもマッチョたちはマスクやフェイスシールドを忘れていない。楽しんだところで、店をあとにした。

 

フアムムマーケットには、なんちゃってラーメン屋、なんちゃってすし屋、焼肉屋、タイ料理の店、雑貨屋、服屋などなどがあり、タイ人でそれなりの人出があった。




ここで適当に腹ごしらえをして、心地よい風を受けながら夕涼みをしているとマッチョたちがパフォーマンスをしているのが見えた。

日本の友人がタイに来れるようになったら、フアムムマーケット、そして「サターニー・ミー・ホイ」に連れて行こうと思う。もちろん、魚介類が食べれる友人と。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_6660 のコピー 「微笑みの国」は変わったのか?
  2. s-P_20150627_182839 子豚の丸焼きムーハンにかぶりつく!
  3. ひさびさに寝台列車に乗ったら、だいぶ雰囲気が変わっていた件。
  4. Amazonで本買ったら3日で届いた件。
  5. IMG_5713 野菜ソムリエ 青澤直子 主催のタラートツアーに密着!
  6. main いまさらですが、エム・クオーティエのレストラン街を「ぐるぐる」し…

オススメ記事

  1. 【駐妻さっちぃが潜入!】「DACOオリジナル BLドラマ聖地巡礼ツアー」を忖度ナシで突撃レポート!
  2. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画@バンコク>
  3. 【スタートアップ企業にもおすすめ】コワーキングスペースとレジデンスが一体化!究極の “職住近接”を提供する「LIVE WORK ASIA」
  4. 日本語医師常駐!夜間外来OK!コスパ良しの健康診断も話題のバンコクの頼れる“町医者”【DYMインターナショナルクリニック】
  5. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心

最新のTHB-JPY

PAGE TOP