バンコクの街角

【#バンコクの街角】新興メーカーも出展!モバイルエキスポが盛況

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための規制も徐々に緩和されているバンコクは、活気を取り戻しつつあります。
そんなタイの日常を、日本人スタッフの目線で切り取ります。
今回は、営業Sが訪れたイベントの様子をレポート。

2019年に誕生した携帯メーカーのRealmeもブースを構えた「モバイルエキスポ2020」

7月2日〜5日、バンコク国際貿易展示場(バイテック)にて「モバイルエキスポ」が開催されたので、最終日に足を運んでみました。

開場時間10時ピッタリに到着。新型コロナウイルスの影響もあるので、そんなにたくさんの人はいないだろうと思っていたのですが、すでに長蛇の列です。とにかくすごい活気で、久しぶりにワクワクしました。

開場時間にはすでに長蛇の列

新型コロナウイルス対策もしっかり取られています

広い会場内には、様々なメーカーが出展し、スマートフォンやパソコン、周辺機器などをとてもお得な価格で販売しています。

なかでも、スタッフが一際大きな声がけを行なっていたのが、2019年に立ち上がった中国系メーカーの「Realme」。タイでも昨年から販売のスタートしていますが、コスパに優れた新機種を展示。同ブランドの気合いを感じました。

折りたたみ可能なGALAXYのスマートフォンも注目する人が多かった

このように、タイでは日本未上陸のメーカーや機種も豊富。普及率も含めて、タイの携帯市場は進んでいる、そしてタイの人々は本当にガジェットが好きなんだなと実感した1日でした。

ちなみに私は、iPad Proがお得なプライスと聞いて注目していたのですが、すでに売り切れとのこと! 残念。。。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_4402 【ミニマル】ソンクラン旅行のお供!今回はこのバッグひとつで行きま…
  2. 大きなお肉でお出迎え ホームメイド・バーガー屋台
  3. 全国で使える!
  4. スパンブリーの巨大なドラゴン
  5. main-90 ご近所グルメ バンコク東郊大型モール、ザ・モール・バンカピでの北…
  6. aroyna2016 東京・六本木にタイバンドの生演奏が楽しめるタイ料理店がオープン!…

オススメ記事

  1. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  2. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!
  3. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画 vol.03>きらきらキャリアウーマン風コーデ
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. サンタラレジデンス シラチャ_01 シラチャのサービスアパート「サンタラレジデンス」。働く単身者から支持を集める理由とは?

最新のTHB-JPY

PAGE TOP