バンコクの街角

【#バンコクの街角】新興メーカーも出展!モバイルエキスポが盛況

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための規制も徐々に緩和されているバンコクは、活気を取り戻しつつあります。
そんなタイの日常を、日本人スタッフの目線で切り取ります。
今回は、営業Sが訪れたイベントの様子をレポート。

2019年に誕生した携帯メーカーのRealmeもブースを構えた「モバイルエキスポ2020」

7月2日〜5日、バンコク国際貿易展示場(バイテック)にて「モバイルエキスポ」が開催されたので、最終日に足を運んでみました。

開場時間10時ピッタリに到着。新型コロナウイルスの影響もあるので、そんなにたくさんの人はいないだろうと思っていたのですが、すでに長蛇の列です。とにかくすごい活気で、久しぶりにワクワクしました。

開場時間にはすでに長蛇の列

新型コロナウイルス対策もしっかり取られています

広い会場内には、様々なメーカーが出展し、スマートフォンやパソコン、周辺機器などをとてもお得な価格で販売しています。

なかでも、スタッフが一際大きな声がけを行なっていたのが、2019年に立ち上がった中国系メーカーの「Realme」。タイでも昨年から販売のスタートしていますが、コスパに優れた新機種を展示。同ブランドの気合いを感じました。

折りたたみ可能なGALAXYのスマートフォンも注目する人が多かった

このように、タイでは日本未上陸のメーカーや機種も豊富。普及率も含めて、タイの携帯市場は進んでいる、そしてタイの人々は本当にガジェットが好きなんだなと実感した1日でした。

ちなみに私は、iPad Proがお得なプライスと聞いて注目していたのですが、すでに売り切れとのこと! 残念。。。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. モーラムに浸る、至福の時間へご案内 Part.1 イサーン・パブ…
  2. 伊勢丹バンコク店の営業時間について。
  3. ソイ31のピースストア 2階がリニューアルオープン!
  4. 【消費税対策大丈夫?】11月24日「住まいづくり無料相談会」
  5. チェーンワタナのイミグレーションにリエントリーパーミットを取りに…
  6. [new open] シンガポール発!新ダイニング・コンプレック…

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  3. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」

PAGE TOP