バンコクの街角

【#バンコクの街角】新興メーカーも出展!モバイルエキスポが盛況

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための規制も徐々に緩和されているバンコクは、活気を取り戻しつつあります。
そんなタイの日常を、日本人スタッフの目線で切り取ります。
今回は、営業Sが訪れたイベントの様子をレポート。

2019年に誕生した携帯メーカーのRealmeもブースを構えた「モバイルエキスポ2020」

7月2日〜5日、バンコク国際貿易展示場(バイテック)にて「モバイルエキスポ」が開催されたので、最終日に足を運んでみました。

開場時間10時ピッタリに到着。新型コロナウイルスの影響もあるので、そんなにたくさんの人はいないだろうと思っていたのですが、すでに長蛇の列です。とにかくすごい活気で、久しぶりにワクワクしました。

開場時間にはすでに長蛇の列

新型コロナウイルス対策もしっかり取られています

広い会場内には、様々なメーカーが出展し、スマートフォンやパソコン、周辺機器などをとてもお得な価格で販売しています。

なかでも、スタッフが一際大きな声がけを行なっていたのが、2019年に立ち上がった中国系メーカーの「Realme」。タイでも昨年から販売のスタートしていますが、コスパに優れた新機種を展示。同ブランドの気合いを感じました。

折りたたみ可能なGALAXYのスマートフォンも注目する人が多かった

このように、タイでは日本未上陸のメーカーや機種も豊富。普及率も含めて、タイの携帯市場は進んでいる、そしてタイの人々は本当にガジェットが好きなんだなと実感した1日でした。

ちなみに私は、iPad Proがお得なプライスと聞いて注目していたのですが、すでに売り切れとのこと! 残念。。。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. glico01 売り切れ続出!? 1月27日にタイ国内で発売されたばかりのグリコ…
  2. [new open] ソイ61にオープンした おしゃれカフェ・レ…
  3. chang chui 斬新コミュニティ・スポット 「チャーン・チュイ」4月に誕生
  4. IMGP0875 バンコク旧市街散歩に役立つ! 緑の案内板を活用しよう
  5. Green Life_Market_2020_revised 〈シーラチャー〉惣菜や野菜・冷凍食品 などの移動販売開催中
  6. s-P_20160126_161211 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第17回 ばさらかラーメン

オススメ記事

  1. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  2. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  5. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生

PAGE TOP