バックナンバー

特集 藍に染まる街で伝統を紡ぐ 2020年2月5日発行 第511号

今回の特集の舞台は、チェンマイからバスで4時間ほどの場所にあるプレー県。どんだけ~!
でもプレー県、実は古くから続く「藍染」の一大産地なんです!

プレー県にしか生息しない“ホーム”と呼ばれる植物を発酵させて作る技術が長らく続いてきましたが、
化学染料の台頭で昔ながらの染めを行う人が減少していたんです。
でもでも、昨今その伝統を受け継ぐ若手クリエイターが台頭し、再び注目を集めているんですよ。

基礎知識から、今注目すべきクリエイター、そしてオススメのショップまで、
プレー県の藍染の魅力をご紹介します!

 

 

(一番最後のページにスライドしてから見てください)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 第85号 2001年11月20日発行 特集 タイで結婚式を挙げる…
  2. 第132号 2003年11月5日発行 特集 日本脱出、なんかしな…
  3. 市街地から片道1時間半の絶景スポット チェンマイのその先へ 20…
  4. 第261号 2009年3月20日発行 特集 バンコク生活 きほん…
  5. バンコク アラブ人街 2019年5月5日発行-第502号
  6. 第188号 2006年3月5日発行 特集 初海外のタイ人が書き下…

オススメ記事

  1. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  2. タイ初!日本人オーナーのオーダーメイド店「MODENA」 ~ジャパンクオリティでも低価格な知る人ぞ知る店を実体験〜
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP