旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 バンコク急行

旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】おはよう派? サワディー派? 第8回

月に最低でも1回は海外に出る。訪ねる国は1カ国ということは少ない。いまバングラデシュのコックスバザールという街にいるが、ここにくるまで香港とタイに寄った。いつも急ぎ旅である。

タイ以外、訪ねる国の言葉はまったくといっていいほど理解できない。挨拶やお礼ぐらいは現地の言葉でと思うが、その気力もない。ハローやサンキュウですませてしまっている。
誠意のない旅行者だとは思うが、挨拶やお礼の言葉を口にしたところで、さして意味がないという気がする。

日本はいま、外国人観光客が多い。なかには、「こんにちは」「ありがとう」など笑顔で挨拶を口にする人もいるが、それを耳にしたところで、その人がいい人だとは感じない。なにかをしてあげようとも思わない。

その人が気を遣っているだけだと考えてしまう。僕がひねくれているからなんかもしれないが、その人と気が合う、合わないといった感触は交わす言葉では生まれないと思っている。勘がすべてだと思う。

理由? タイ語学校でタイ語を習ったからだ。最初は東京の学校だった。そこでタイ語を習い、バンコクに向かった。「サワディー・カップ」は通じたが、それ以外のタイ語はまったく理解してもらえず、バンコクの路上で呆然と星のない夜空を仰いだ。

しかし友だちはできた。いまでもつきあっている。人と人の関係はそういうものだと思う。

タイ人の挨拶はどんどん短くなっていく。女性は、「サワディー・カー」を略して「ディー・ジャ」などという。英語の「グッド・モーニング」のグッドをとってしまい、「モーニン」という人も多い。最後の「グ」も聞こえない。

バンコクで働きはじめた日本人が、朝、どんな挨拶をすれば、タイ人は好感を抱くのだろうか。タイ人に訊くと、「おはよう」派と「サワディー・カップ」派に分かれた。

「おはよう、ですね。日本とかかわる会社で働くタイ人はほとんど知っている言葉。タイにおもねらず、きちんと日本語を口にされると、しっかりした人だと思います。黙っているよりずっといい」

「サワディー・カップですね。それも習いたてというか、日本人っぽい発音がいい。この人は一生懸命なんだな、って雰囲気が伝わってきます」

さて、どちらを使う?


しもかわ・ゆうじ
アジアや沖縄を中心に著書多数。新刊は『12万円で世界を歩くリターンズ』(朝日文庫)、『「生きづらい日本人」を捨てる』(光文社知恵の森文庫)、『10万円でシルクロード10日間』(KADOKAWA)。月2回、バンコクで続けている「書き方講座」はツイッター「下川裕治 タイ」で検索を。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」露呈した、社会の脆弱性【バン…
  2. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】物価観に見る…
  3. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 3通のタイ人の医療請求書【…
  4. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】タイの食堂に…
  5. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】 第4回 ア…
  6. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】オタとなった…

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP