グルメ

「義肉骨茶(イー・バクテー)」のバクテー Vol.22

【実地調査!】たまに健康的なご飯を食べて浄化された気分に

初めてバクテーを食べたのは旅先のシンガポールだった。透明のスープに骨付き肉が入っただけの、とてもシンプルなもの。今回のお店を調べていたら、同じくバクテーと呼ばれる、見知らぬ「具だくさん土鍋」がヒットした。私が知るバクテーとの違いたるや。ヤワラートに実食に向かった。

ここに移転して5年目というこの店は、一歩入るとまた独特な雰囲気だ。店を切り盛りするイー・シェフは、マレーシアに近いナラーティワート県出身。幼少期からマレーシア風のバクテーを食べて育ち、このおいしさをバンコクでも広めるべく、自身で改良したレシピと共にやって来た。

スープは朝鮮人参やクコの実など16種類もの漢方を使うが、まったく漢方臭くなく食べやすい。おかげで血の巡りが良くなり、体がぽかぽかと温まる。スプーンで掬うと、中からいろんな部位の豚肉が。ご飯と一緒に食べる。一緒に運ばれてきたパートンコー(揚げパン)はスープに浸し、マレーシアのソースをつけて食べるのがユニークだ。

バンコクでも健康意識が高い人が増えているというが、「いいご飯はいい薬」なのだと実感した。

義肉骨茶 Yi Bak Kut Teh

場所:ジャルンクルン通り MRTワット・マンコン駅
電話:09-3937-8920 (タイ語・英語)
時間:8時~16時 無休
料金:バクテー1人前120B(1人前プラスごとにプラス120B、5人前600Bまで)
 (Google map)
 (YouTube)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Te…
  2. 【タイのプレミアム麺料理】ボート・ヌードルをタイから世界へ「Th…
  3. 「コート・ヤム・フアイクワーン」のヤム Vol.19
  4. 王宮前という絶好のロケーションに誕生したタイフュージョンレストラ…
  5. <ミシュラン1つ星>タイの四季を織り込んだモダンタイレストラン「…
  6. <タイ料理を巡る旅>門外不出の自家製ダレ。愛され続けて50余年「…

オススメ記事

  1. AVELA Clinique タイ屈指の美容医療を提供する「AVELA Clinique」2022年、注目の2大施術って?
  2. お肉を食べてハッピーに♥全お肉好きを満足させる8レストランが新規オープン!【セントラルワールド】
  3. 祖母の味を豊かな食材と共にモダンなタイ料理へと昇華。アジアティークに新登場した優雅なレストラン「ザ・サイアム・ティー・ルーム」
  4. 風水師が教える!緑に囲まれたプロンポン奥のオアシス『137 Pillars Suites & Residences Bangkok』 vol.04
  5. 社会貢献者表彰 推薦募集中!vol.04 第56回受賞者 スランガニ(スリランカ)

最新のTHB-JPY

PAGE TOP