ライフ

素材にこだわる高級インテリアのアレクサンダー・ラモント。ワークショップ開催!

 

タイに魅せられたデザイナー

高級インテリアブランドとして、ホテルオークラやルイヴィトンなどの装飾に使われている「アレキサンダー・ラモント」。

イギリス出身のアレックス・ラモントがデザインを手がけています。幼少時代にアンティークのディーラーの父とヨーロッパ、アジア、アフリカを旅する中でタイの自然や文化に憧れを抱き、2000年にアレキサンダー・ラモントを設立しました。

欧米の感性とアジアの文化がマッチングしたコレクションを見に、アレキサンダー・ラモントにお邪魔してきました~。

素材の美しさを追求

彼のデザインの哲学は「美しい素材と伝統工芸のテクニックを、現代の生活に合うようにどう表現するか」。ひとつひとつのアイテムを手で丁寧に時間をかけて創っているのが特徴です。

たとえばわらを使った素材。わらを染めて切って、アイロンをかけて1本ずつ貼っていくという気が遠くなりそうな作業を経て出来上がっています。だからこそのプラスチックでは出すことのできない輝き。光の当たり方によって見え方が全然違って、ずっと見ていられる気がします~。
もともとわら細工は17世紀にはヨーロッパの各地で親しまれていたのですが、大量生産の時代の中で途絶えていきました。その素材と技術の価値が、いま再度見直されているのだといいます。

お次はエイの皮を使った素材。鎧など武具の装飾品として使われていた日本古来の独特な素材であるエイ皮を、なめして磨き上げています。江戸時代に徳川幕府がアユタヤ朝からエイ皮を輸入していた記録もあるのだとか。ホテルオークラの入り口でも使われています。

この他にも漆、パーチメント、金箔などの素材も多く取り揃えています。

生活に溶け込むデザイン

こだわり抜いた素材を使ったインテリアはどれも芸術品。ですが、お店に入って思ったのが「主張しすぎないシンプルなデザイン」であるということ。写真立てや小物入れなど、お部屋を彩ってくれそうなアイテムがたくさんありました。
全てメードインタイのインテリアはタイのお土産にも。結婚式や上司へなど「ここぞ!」という贈り物にぴったりです。

金箔を使ったワークショップを開催

タイの伝統工芸を代表する金箔を使ったワークショップが開催されます!石や木の表面に金箔を施して、クリスマスにちなんだリースを作っていきます。工房の職人さんがコーティングの方法を教えてくれるのだとか。ワインと軽食が出て、ライブミュージックもあるというラグジュアリーな雰囲気のワークショップ。ぜひ参加して、タイの伝統を堪能してください!

アレキサンダー・ラモント ワークショップ

日時:12月15日(日)14時〜18時 
参加費:無料

ALEXANDER LAMONT

時間 10時~20時
電話 02-656-1921
HP www.alexanderlamont.com/
FB ALEXANDER LAMONT
場所 ゲイソンビレッジ内1階 BTSチットロム駅すぐ
MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイド…
  2. ザ コンチネント ホテル バンコクで「ハイコーヒー」が、今だけネ…
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタ…
  4. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!…
  5. 【バンコク・セール情報】7月25日〜28日限定 歴史ある産地・福…
  6. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdo…

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  3. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  4. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  5. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」

PAGE TOP