グルメ

「グー・ロン・パオ」のサラパオ Vol.20

【実地調査!】本命の彼と一緒に食べても恥ずかしくありません

ロゴに「サラパオはアートだ」と書かれた店がヤワラート(タイの中華街)にある。いちカメラマンの私、何が「アート」なのか、気になってお店に行った。

ここはテイクアウト専門店である。店に電話で予約して取りに行くか、デリバリーでのみ購入可能だ。言葉に自信がない場合はラインかFBで。

元は祝い事や寺にお供えするためのものだけを作っていたが、口コミで広がり、本店とは別に販売専用の支店をオープンさせたのは去年のこと。

到着した店は、歴史感じる古い建物の中にあった。一番人気は豚肉。人の手によって丁寧に作られ、微妙に形が異なるのもまた「アート」だ。小麦粉をまぶす姿や具を包む手つきはまさに職人技。15分蒸された出来立てのサラパオを手に取ると、小麦粉にさつまいもを練りこんだ皮の甘い香りが。中の豚肉は硬すぎず、柔らかすぎず。塩漬け卵はあまり主張していなかった。かわいい見た目を裏切るほどの中身の量、食べ応えもばっちりだ。サラパオを食べると皮が歯にくっつくが、これはくっつかず、本命の彼と食べても大丈夫。

アートは見て楽しむだけではない。感じて、食べるアートも存在する。

Gu Long Bao

場所 ワニット・ソイ1 MRTワット・マンコン駅
電話 08-9797-5747、08-2545-5666(タイ語)、2日前に要予約
時間 9時~17時 日曜日~13時 無休
料金 普通サイズ 1個20B、ミニサイズ 4個入50B、8個入90B、12個入130B

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. yamato こだわりのシコシコ盛岡冷麺!
  2. デンマークでタイ料理文化を切り開く~ヘンリック・アンダーセン・シ…
  3. galleria milano bangkok 歴史的建築物の中でお食事気分!?
  4. コロナに負けない! 料理初心者も作れる! 簡単・お手軽〝おうちご…
  5. growth 仕事に、リラックスに、「グロース・カフェ」
  6. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ…

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  4. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  5. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】

PAGE TOP