ライフ

バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!

2019年、続々とバンコクにオープンしている「ハーバーランド」です。

6月にオープンしたばかりのゲートウェイ・エカマイ支店は、「メガ・ハーバーランド」に次いで、バンコクで2番目に大きなインドア遊園地で、広々としている上に、テーマが「スイーツ(お菓子)」だけあって、見るだけでワクワクしてしまいます。

そして、バンコク最大の広さを誇る「メガ・ハーバーランド@メガバンナー」。2フロア、8つのアクティビティに分かれた、まさに巨大なアミューズメントパークとなっています。赤ちゃんから大人まで遊び尽くせるスポットで有名なハーバーランド。

実際に、3歳、9歳、11歳の3人娘を連れ、家族で検証しにふたつのハーバーランドへ行ってきました!

途中退出&再入場が可能。入退場は、手首のバンドに付けたQRコードで管理。場内のドリンクやお菓子の精算もこのQRコードで

 

■ハーバーランド@ゲートウェイ・エカマイ

見た目のかわいさとは裏腹にスリル満点のアスレチックに絶叫

「Sweet Paradise(お菓子の楽園)」をテーマにしたアスレチック。

最初に目に止まるのが入り口近くにそびえ立つ巨大なケーキ型スライダー!

階段ではなく、よじ登るスタイルもユニークです。こんなに見た目はかわいいのに、写真を見てお気付きの人も多いと思いますが、かなりの角度、そして高さなんです。

登るのも一筋縄ではいきませんが、降りる時もなかなか怖いっ! 大人でも足がすくむスリル満点で、9歳の次女は登り途中で断念していました……。

ひときわ目を引く巨大スライダー。よじ登るタイプですが、施設内専用の靴下は裏が滑らないようになっているので、なんとか登れます!

巨大スライダーはここだけではありません。

筒型や3レーンのロングタイプなど、大型スライダーは5個以上。中型、小型を合わせると数え切れません。中でもフリーホールと言われる筒型スライダーは、その名のとおりに無重力感覚になるほど垂直に落下。背筋がゾクっとするほどの怖さがありました。

気を付けなければならないのは、大型スライダーなどは「100cm以上」といった身長制限があること。これだけの迫力なので、当然といえば当然ですね。

フリーホールという名のスライダー。スリル好きな人、無重力体験をお試しあれ!

長ーいスライダー! 意外とスピードが出るので11歳の長女も絶叫!

もちろん、アスレチックはスライダーだけではありません。

ボールプールは至るところにあって、空気砲のような仕掛けや綱渡り、タイヤ型ブランコなどなど、小さな子供から大人まで一緒に遊べるスポットが満載です。

私たちが訪れたのは週の中でももっとも混み合う日曜日の日中でしたが、遊び場が充実しているおかげで、行列で先に進めない、人ばかりで遊べないといった状況とは無縁。

それどころか、家族だけで遊べるプライベートな場としてゆっくりできるスポットが意外に多かったのが驚きでした。

ボールプールもたくさんあるから、家族だけのプライベート空間で楽しめちゃいます!

アスレチックゾーンは至るところに遊べる仕掛けが! しかもユーロ最高の安全水準だけあって、どこも安心の作りになっています!

 

幅広い遊びのラインナップで家族全員が遊び尽くせる!

アスレチックゾーンは、赤ちゃん用のごっこ遊びエリアや、三輪車・キックボードなどが遊べるエリアさらに、読書エリア、絵の具で塗り絵が楽しめるペンティングエリアなど、ありとあらゆる遊びが体験できるのも魅力!

飽きっぽい子どもたちも、次はあっち、今度はこっちと、興味が尽きることがありません。

しかも、我が家のように3歳から11歳と、年の離れた姉妹・兄弟がいる家庭も、最後まで一緒に遊べるのが何より嬉しいポイントです。

絵の具はもちろん、ペイントするアイテムも完備。意外に集中して長時間楽しめたのは女子だから?

最後は「ローラーランド」に挑戦!

アスレチックゾーンの隣に併設されたこちらでは、ローラースケートが楽しめます(アスレチックとは別料金)。ローラースケートなので、身長が101cm以上と制限があるものの、まったくの初心者でもチャレンジできちゃいます。

スケートシューズや手足に着用する保護キットも完全レンタル可能で、エリア内には1人ひとり丁寧に教えてくれるインストラクターがたくさんいるから、とにかく安心。

子供はコツさえ覚えればどんどん上達するので、料金内の時間(平日3時間・週末2時間/220B)になる頃にはスイスイ滑れるようになっています。運動不足の解消にも良さそうですね。

ローラースケートを履いたこともない娘たち。スケートの履き方から、立ち上がり方、滑り出し方……本当に丁寧に指導してくれました!

これだけ遊びの施設が充実していると、4時間なんてあっという間。いや、むしろ足りません! ただ、子供的にも、親的にも4時間遊ぶと、もうヘトヘト。

残念ながら、体力の限界に達します……。まだ全然遊べる! という人は、30分ごとに50B(アスレチックゾーン)で延長もできるので、ご安心を。

これだけでも十分なのに、ゲートウェイ・エカマイ支店には、最新の「レーザータグアリーナ」が体験できるレーザーバトルエリアも近日オープンの予定だそうです。ますます楽しみが増えそう! 次はレーザーも挑戦してみたいです!

 

■ハーバーランド@メガバンナー

世界でも5本の指に入る圧倒的な広さ

いよいよ、バンコク最大の室内遊び場、メガ・ハーバーランドに来ました!

2フロアに分かれていて、どこが入り口? と迷ってしまいそうなほど、外から見てもとにかく広い……。まずは、アスレチックゾーンから行ってみましょう!

メガ・ハーバーランドのアスレチックは、「Happy Farm」がテーマで、野菜や果物のデザインに。ハーバーランドのシンボル、高さ14mもの巨大スライダーにはカボチャが描かれていました。

見た目はカボチャ畑でキュートなんですが、登ってみるとその高さと角度に震えます!

アスレチックの作りは、ゲートウェイ・エカマイとほぼ同じ。ただ、アクリルで貼られた(下が透ける)仕掛けはこちらのほうが少し多いかな? 高所恐怖症の私は歩くだけでビクビクしていましたが、子供たちはむしろはしゃいでいたのが印象的でした。

お姉ちゃんと綱渡りでバッタリ! 2人で渡ると揺れて怖い……。でも子供にとっては楽しいスポット!

ゲートウェイ・エカマイ支店にはない、メガ・ハーバーランドの一番のお気に入りスポットになったのがこちら!

「bit.playground」というエリアで、アナログとデジタルがミックスされたアクティビティが体験できます。別料金(180B/1人)を払っても試す価値あり!

砂を盛り上げると「山」の照明に、砂を掘ると「海」の照明になる砂場や、机に設置されたタブレットに絵を描く、目の前の壁に映し出される遊びなど、大人でも好奇心がくすぐられる仕掛けがたくさんあります!

掘ると海の照明、盛ると陸の照明に!

 

自分で描いた服が! 壁に映った自分にぴったりハマって、あら不思議!?

 

選べるアクティビティで、第2ラウンド!

アスレチックゾーンの下の階には、レーザーバトルやトランポリン、モーターシティと、さまざまなアクティビティが目白押し。それぞれアスレチックゾーンとは別料金が掛かるので、「今日はこれ!」と決めて遊びに来るのもおすすめです!

まず、入り口に入ってすぐ左にあるのが、「モーターシティ」

レーザー技術を使った対戦ゲーム「バンパーバトル」、2人乗りの車で小さな子供も安心して楽しめる「モーターシティ」、そして、運転免許証を作るなど、教習所さながらの体験が楽しめる「ハーバーランド・ドライビングスクール」の、3つのゾーンに分かれています。

小学生以上にオススメの「バンパーバトル」かなり迫力あります!

次に挑戦したのが、「JumpZ」という本格トランポリン。すべてオランダから輸入されたもので、ユーロの安全基準に基づいて作られているそうです。

大人用と子供用のゾーンが分かれているので、小さな子供と一緒でも安心ですね。大人も子供も楽しみながら、気づくとかなり疲れているので、良い運動になっていそう。久しぶりのトランポリンだった私は、軽く酔いました……。

トランポリンで高く飛びながらゴールできるので、面白いくらいゴールが決まります!

そして、最後はゲートウェイ・エカマイ支店でまだオープンしていなかった「レーザーバトル」。世界最新のレーザータグテクノロジーを取り入れているそうで、かなり本格的な対戦が味わえます。

室内は真っ暗。しかも大音量の音楽がかかっていて、相手(敵)の位置が掴めない……。そして、タグ付けされるたびに専用ベストのセンサーが振動するのも何とも怖い……。

子供はもちろんですが、大人(特に男性)こそ試してほしい、かなりリアルな戦闘ゲームになっています。私たちが遊びに行った平日夜には、仕事帰りのサラリーマンでにぎわっていました。

気づくと、いきなり敵が目の前に! 撃たれるとベストを通じて「ブルルッ」と振動が……。本気で逃げたくなる迫力です

同じフロアには、ゲートウェイ・エカマイ支店にもあった「ローラーランド」も。

エカマイと同じように、スケートシューズと保護キットがレンタルできるので、手ぶらでフラッと遊びに行けます。もちろん、こちらにも優しく教えてくれるインストラクターがいるので、初心者でも気軽に挑戦できますよ!

 

もうお腹いっぱいのメガ・ハーバーランド。確実に1日では遊び尽くせません!

それでも、さらに、ロッククライミングなどが楽しめる「アドベンチャーランド」「ゲームランド」が近日オープンする予定なんだとか。これはもう通うしかありません! まさに今、夏休みのご家庭も多いのでは? この機会にご家族で遊びに行ってはいかがでしょうか?

HarborLand Gateway Ekamai

場所 ゲートウェイ・エカマイ5階
MAP

※BTSエカマイ駅直結のゲートウェイ・エカマイ。エレベーターかエスカレータで5階へ。

 

MEGA HARBORLAND

場所 メガバンナー
MAP

※BTSウドムスック駅で下車。5番出口を出てすぐのところに、メガバンナーへ行く無料シャトルバス乗り場があります。
※車で行きたい場合は、携帯アプリの「Grab」がオススメ。目的地でメガ・バンナーを選ぶだけ。

2つのハーバーランドで共通

時間 10時〜21時 無休
料金 4時間 身長81cm〜140cm:440B、18歳以上(大人):160B
※身長80㎝以下と60歳以上(子供帯同が条件)は無料 ※ほかのアクティビティ料金はHP参照
HP https://www.harborlandgroup.com
FB harborlandplayground

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 素材にこだわる高級インテリアのアレクサンダー・ラモント。ワークシ…
  2. DSC_0541 日本指折りのナチュラル・ミネラルウォーター『信濃湧水』がバンコク…
  3. 【BOOK REVIEW】これを読んで、キミもタイ・マスター! …
  4. 携帯契約で消耗するべからず! ベリーモバイルで安心の海外生活はじ…
  5. 【CSR】サイアム・ダイキン・セールス社による、学生教育支援のキ…
  6. 468Familymart 2階にはコワーキングスペースも! 「ファミリーマート・スクムビッ…

オススメ記事

  1. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  2. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  5. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!

PAGE TOP