教えて! レヌー先生

タイでも流行するインフルエンザ、気をつけるべきは雨季の今! 第2回

インフルエンザ予防接種を受けるなら今。流行する前に予防しよう

日照時間の減少や冷房が大敵

日本では主に12月~1月、寒く乾燥する冬の時期に流行するインフルエンザ。常夏で高温多湿なタイでは無縁の話だろう……なんて思う方もいるかもしれませんが、実はタイにもインフルエンザはあります。そして流行する時期はというと、まさに雨季の今なんですね。

なぜかというと、天候が崩れ日照時間が減ることと、雨で濡れたあとに冷房に当たり急速に身体を冷やしてしまうことが主な原因と考えられます。実際タイでは毎年7月中旬から8月のはじめにかけてインフルエンザにかかる人が多いです。

アジアハーブクリニックでは、南半球型インフルエンザのA型2種とB型2種の4種混合の予防接種が受けられます。これは昨年流行したインフルエンザのタイプから、今年流行しそうなウイルスを予想し配合するもので、接種後2週間で抗体ができます。この予防接種のワクチン予想ははずれることもあるのですが、一度予防接種を打つと数年にわたり免疫が身体に残り、以降の年にインフルエンザにかかった場合も症状を和らげる場合があるので、できるだけ毎年の接種をおすすめします。特に小さいお子さん、年配の方、妊娠中の方、極端に太っている方などはインフルエンザにかかりやすいため特にきちんと接種を受けてくださいね。

そうそう。予防接種を受けるのはもちろん、外出したら手足をきれいに洗う、雨で濡れた服は着替えるなどの生活習慣での予防もお忘れなく。


レヌー・ウボン博士
京都大学医学部を首席で卒業。豊富な知識と堪能な日本語で、日本人だけでも17万人以上を診察。タイの医療発展と、日本とタイの医療の架け橋となる活動により、2015年に旭日双光章を受賞。


お問い合わせはこちら
https://asiaherbclinic.com/

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ウイルス感染対策と免疫力の高め方 第6回
  2. 安心なタイ生活の第一歩は予防接種からはじめよう 第4回
  3. 医療と運動のWサポートで美しく健康な体を手にいれよう 第5回
  4. 腸内環境を仕切り直して心身ともにハッピーに 第3回
  5. タイでも流行するインフルエンザ、気をつけるべきは雨季の今! 第2…
  6. 不調やストレスは 点滴で「即効・速攻」解消しましょう 第1回

オススメ記事

  1. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  4. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  5. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ

PAGE TOP