ブンに訊け!

解雇補償金は非課税では? vol.203

編集部のタイ人経理部長「ブン」がタイに住む日本人の悩みを快刀乱麻で解決する!

今号の読者からのご相談

(前略)突然で申し訳ないのですが、解雇補償金の所得税につきまして質問がございます。

今年1月に会社都合により退職致しまして、会社から解雇補償金を6カ月分(34万B)ほど支払われました。ちなみに月給は約5万Bでした。

今年の3月に再就職し、同じく月給が5万Bほどなのですが、解雇補償金の分の所得税も支払う必要があると言われ、毎月8000Bほど所得税を引かれています。
解雇補償金は免税ではないのでしょうか?

バンコクで一人きりで生活しているので、相談できる相手がいなくて、ぜひアドバイスをいただけたら、大変助かります。
お手数お掛けしますが、宜しくお願い致します。(匿名希望)

ブンからの回答

税務署に電話してみました。

労働者保護法では会社都合で解雇になった場合、補償金は非課税ですが、税法では遡って300日分の給料の合計額が30万Bを超えていれば、手にした補償金から30万Bを引いた残りが課税対象額になります(=30万Bまでが非課税)。

ですのでご質問者の場合、4万Bが補償金の課税対象となり、月給の所得税と合わせて8000Bが毎月引かれているのでしょう。

補償金の額が300日分の合計額より多い場合、300日分の合計額が30万Bに満たなくてもその差に課税されます(300日分の合計までが非課税)。

補償金の額が300日分の合計額に満たない場合、補償金は全額非課税となります。

定年退職など解雇でない場合や契約切れの場合、免税はありません。


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 恐怖の歯科医に返金を迫る vol.103
  2. 職場の雰囲気を改善したい vol.178
  3. 詐欺師の手口を教えて vol.192
  4. 祝! デポジットの法律が変更 vol.184
  5. BTSにトイレがない理由 vol.079
  6. bun-logo 不要品の処分について vol.142

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. 《ダコ読者限定プロモーションあり!》日本語で利用できるデリバリー「YOU」が〝おいしい〟を自宅へ
  3. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  4. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  5. スクンビット病院ジャパニーズヘルプデスク-1 タイで病気になったら困りごとがいっぱい? 日本語で相談できるサービスが「スクンビット病院」に新設

PAGE TOP