グルメ

【ザ・ペニンシュラ・バンコク】結果重視のフェイシャルトリートメントとヘルシーランチ! 心身共にトータル・ビューティを目指そう

タイは言わずと知れた美容大国

スパのマッサージで疲れを癒し、クリニックで悩みを解決と、使い分ける方も多いと思います。
ホテルスパの、ナチュラルな化粧品を使ったブライトニング効果のあるフェイシャルを受けてみませんか?
スパの後はヘルシーランチでさらに身体の中から磨きをかけて。

ザ・ペニンシュラ・バンコクの非日常な空間の中、ラグジュアリーな世界へとご案内します。

スパのエントランス

 

頑張る自分にご褒美を! ザ・ペニンシュラ・バンコクのスパでセレブ気分

スパの入り口にある、蓮の花のインテリア

5月にスタートしたフェイシャルトリートメントにご招待いただき、訪ねたスパはレストランの奥にありました。

ドアを開けると、さっそくオリエンタルな香りにうっとり間接照明に照らされた蓮の花のインテリアが迎えてくれます。名前を告げて、いよいよお部屋に通されるのかと思いきや、さらに別の建物につながる長い廊下が!

到着すると、今回担当してくれたシニアセラピストのOilさんが笑顔で迎えてくれました。

ロビーの正面

体験した「ビオロジック・ルシェルシュ・パーソナライズド・ブライトニング・トリートメント」は、スキンケア界のエルメスといわれる、フランス製のラグジュアリー・スキンケアブランド「ビオロジック・ルシェルシュ」とコラボした内容。

このブランドは、約40年前にフランスの生物学者とドクターによって設立されました。パリのサロンには、フランスのマダムやハリウッドスターが足しげく通っているのだとか。
日本では、某ラグジュアリーホテルのスパで採用されている、美容業界では超有名なブランドです。
自社の研究室で結果重視の商品を開発し続けていますが、すべて厳選されたナチュラル成分で作られているというから驚き。

専用の機械で肌診断。私は「全体的に乾燥気味」という耳を塞ぎたい結果に

このトリートメントの特徴は、フルーツ酸ピーリングで古い角質を取り除いた後、ブライトニング効果のある贅沢なマスクで、内から輝く肌に仕上げるという所。
バンコクの日差しで出来たシミはもちろん、年齢と共にくすむ肌にアプローチしてくれるなんて、なんてありがたいんでしょう。

まずは専用の機械で肌診断。顔のパーツごとの水分量や皮脂量を計測します。
そしてお部屋へ。建物は3階建てで、全部で18部屋もあります。セラピストは常時13、4人体制だとか。

お部屋の中。ベッドが2つあるので、カップルやお友達と一緒に受けられます

お部屋には、ジャグジーバスやスチームサウナも完備されていました! 家じゃシャワーばかりだし、ジャグジーバスを満喫〜。

ピーリング用フルーツ酸化粧品

トリートメント開始。

まずはクレンジングです。汚れを落としながらマッサージしてくれるので、さっそく寝てしまいそう。

次にフルーツ酸でピーリング。思ったよりヒリヒリしませんでした。敏感肌の人は赤くなる場合もあるようですが、幸い私は赤くならなかったので、特別にデコルテまで塗ってくれました!

Oilさんが熱弁してくれた、高濃度マスク

そしてこのコースの肝となる、高濃度マスク。このマスクがとにかくすごい!
シルクより柔らかいリセヨル素材で出来ており、肌に乗せるとどんな輪郭にもピシッと沿ってくれるので、余すことなく効果が行き届きます。角質を取り除いた肌をさらに明るく、輝きを与えてくれるのです。

マスクを外して、美容液と日焼け止めを塗って終了
鏡で見てみると、まるでファンデを塗った後のように顔色が均一に!
最初は「輝く肌って言い過ぎじゃない?」と半信半疑だった私。確かに明るくなりました!

ナチュラル化粧品って即効性に欠けると思っていたので、この結果には驚きです。

 

スパで輝きを取り戻した後は、レストランでヘルシーランチを堪能

スパの後にさっくりランチも楽しみました。せっかくのビューティ・デーにハンバーガーをかぶりつくのもなんだし、ヘルシーメニューからセットをチョイス

スターターの「Assorted Garden Lettuce」

てっきりレタス盛り盛りのサラダかと思いきや、クスクスがベースでした。味付けはあっさりしていて、濃い味のタイ料理に疲れた時にちょうど良さそう。ヘルシーだけど、クスクスが食べ応えがあってお腹が膨れます。

メインの「Sous Vide Chicken Breast」

柔らかく真空調理した鶏肉を濃厚なグレイビーソースとほんのり甘いベビーキャロットソースと共にいただきます。ベビーキャロットソースのレシピを知りたくなるくらいおいしかった〜。

デザートの「Rhubarb & Honey Parfait」

添えてあるイチゴのソルベがいい口直しになりました。ルバーブとフレッシュなイチゴの酸味がほどよく、いい感じの口当たり

ホテルって友達のアテンドなどの特別なことがないと行く機会がありませんが、自分へのご褒美として、たまにはぜいたくしてみてはいかがでしょうか? 日本よりお安くセレブ気分を味わえますよ〜。

 

The Peninsula Spa

営業時間 9〜23時
料金 ビオロジック・ルシェルシュ・パーソナライズド・ブライトニング・トリートメント5500B
メールアドレス spapbk@peninsula.com

River Café&Terrace

営業時間 ランチ12時30〜15時
料金 ヘルシーランチセット1400B
メールアドレス diningpbk@peninsula.com

The Peninsula Bangkok

電話番号 0-2020-2888
場所 333 Charoen Nakorn Rd.  BTSサパーン・タークシン駅からホテル専用ボートで約5分
MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. jones the grocer food 食の複合施設、新登場!「 ジョーンズ・ザ・グローサー」
  2. PR【5歳以下のお子様がいらっしゃるお母さん】子供にいいこと!ゴ…
  3. 整体・骨盤調整 「カラダファクトリー」
  4. 「60バーツ・アーハーン・ターム・サン」の注文ブッフェ Vol…
  5. storehouse dining 世界の味めぐり! ストアハウス・ダイニング
  6. white story bangkok イタリアン&ベーカリー「ホワイト・ストーリー」

オススメ記事

  1. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  2. スタイリッシュかつ多機能! 大人の男のための贅沢カバン【TUMI TAHOE FINCH バックパックコレクション】
  3. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  4. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP