曼谷シャワー

【曼谷シャワー】祝・最終回! vol.393

先日、デザイナーの友人ご夫妻と、バンコクから一時帰国中の友人と、4人でご飯を食べに行った。創作和食のお店で、春の山菜を使った、素敵なおもてなしのコース料理。

友人は同い年で、占い好きでもあるので「今年の私たち(三碧木星)、どんな年?」と聞いてみると、「改革の年」とのこと。そうか。確かに、タイ語通訳でリングデビューをしてしまったし、最近ヨードが働いているジムのタイ人トレーナーに、週1回、ジム内で使える日本語を教えたり、イベントを一緒にやっているユニットのアジアごはんズで、初の共著企画が持ち上がったり、今までの人生の延長上とはいえ、新しいことが少し続いているかも。

そして、「ひとつ減れば、新しい風が入ってくる」と。2001年から続いていた当コラムも18年。今回が最終回。ダコのサザエさんみたいな存在、偉大なるマンネリを目指せればいいなと思っていたけど、やはり、どこかで前向きなひと区切りは必要。私にとっては、大きな穴になるけれど、でも、穴が大きい分、もっと大きい風が入ってくるに違いない。

ダコ500号記念でいただいた読者のみなさまからのお声も、編集部経由で、ありがたく拝見させていただきました。涙が出るほどうれしかったです。

曼谷シャワーは、誌面からはサヨナラしますが、ダコが続く限り、見えないページをめくれば、今日も同じ空の下、ヨードのことは信頼しても信用はせず、日々お金を抜かれないよう財布の隠し場所を変え、酔って遅い日はタクシーで帰ってこないかヒヤヒヤし。そしてロッブリー県の実家も、サグラダ・ファミリアのごとく完成せず(いや、こちらはついに2026年に完成!?)。そんなドタバタ劇を繰り返す2人の姿を思い浮かべてくれれば幸いです。

最近思うのだけど、ご縁のある人とは、なんだかんだ、またどこかでつながったりする。なので、みなさんと、またお会いできる日を楽しみにしています! 気軽にお声をかけてくださいね。


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】弁当は大変 vol.370
  2. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】自由に生きる vol.369
  3. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】値引きの極意!? vol.375
  4. 【曼谷シャワー】ジャパンドリーム詐欺? vol. 390
  5. bangkok shower logo 【曼谷シャワー】戦略ミス? vol.362
  6. 【曼谷シャワー】壁新聞作りの壁 vol.379

オススメ記事

  1. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  4. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  5. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」

PAGE TOP