旅人ペーのバンコクご近所案内

【旅人ペーのバンコクご近所案内】大きなガジュマルの木の下で vol.012

ここしばらく、用事がなければほぼ室内で過ごしていた。その理由は、在タイの皆さんもご存知のとおり、PM2.5のせいだ。

バンコクの大気汚染は今に始まったことではない。タイ人はその危険性に気付いていなかったのか、さほど問題視していなかった。そしてPM2.5濃度が50μg/㎥に達した頃、やっと目が覚めた。それがこの2、3カ月のこと。SNSで健康への影響など情報を得やすくなったからだろう。その結果、マスクが品切れ状態となり、見向きもされなかった空気清浄機は一躍大ヒット商品となった。

沈静化する頃には2月も終わりに近づいていた。鬱陶しいマスクから解放されて真っ先に思い浮かんだのは、木陰に座って深呼吸することだった。

3月のとある昼下がり、僕は旧市街に当たるジャルンクルン地区にいた。目指すはミステリアスなレストラン。創業から30年にもなるというのに、タイ人には知名度の低い隠れ家的な店なんだ。

細い路地を進むと、さっそくミステリアスに遭遇した。大木のアーチだ。人が通り抜けられるほどの隙間を持つ、ガジュマルの気根。周辺には様々な置物が飾ってあり、神秘的ですらある。

一瞬、映画『千と千尋の神隠し』で不思議な森に迷い込んだ主人公と自分が重なった。神秘のアーチをくぐると、その先には驚きの光景が広がっていた。オマツリライトノキの枝が長く伸び、築100年はあろうかという古い中国式の建物にまとわりついているのだ。それが目的のレストラン「ハーモニック」。

骨董品店のような屋内席を背にして、僕は木陰が心地良い屋外席についた。視界を覆うように気根を伸ばした大木を眺めるために。

メニューには50以上ものタイ料理とフュージョン料理の写真が並び、散々迷った末に幾つかオードブルを注文した。まずは冷たいビールで乾ききった喉を潤す。それからゆっくりと深呼吸を繰り返し、マイナスイオンを胸いっぱいに溜め込んだ。ほんの少しでも肺が浄化されることを願いながら。

幸せというものは、時に意外と近くにあるものだ。たとえば、こんな木の下に。

ミステリアスなアーチに魅せられ、ガジュマルの虜になってしまった


ぺー=シリパン・ジェンタラクールラート
旅人、37歳。ダコタイ語版4代目編集長(~2015年)。現在はタイの大手出版社にて編集スタッフを務める。ダコ本誌で2009年から2018年2月まで「屋台の細道」(全108回)を連載。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】ダイアログ・イン・ザ・ダーク v…
  2. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】Dusit Zoo vol.00…
  3. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】チットビア・クレット島 vol.…
  4. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】カジョンシリ寺ハーブサウナ 00…
  5. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】お天道様という 偉大な存在でさえ…
  6. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】大きなガジュマルの木の下で vo…

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  4. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」

PAGE TOP