ライフ

ひろっしゅコーチの、戦わないコミュニケーション・コラム 第1回「自分の物差し、押し付けちゃってない?」

「ママイキ」講座や『苦手な人が気にならなくなる本~戦わないコミュニケーション~』(日経BP社:2016)などでおなじみ、ひろっしゅコーチこと山崎洋実氏による短期連載。人間関係に悩むすべての人に。

はじめまして! ひろっしゅコーチこと山崎洋実です。

子育て中のお母さんたちに向けた「ママのイキイキ応援プログラム(ママイキ)」講座や著書のタイトルにもなった「戦わないコミュニケーション」など、コミュニケーションをテーマにした講座をライフワークとして、日本全国、そして世界各国を飛び回っています。

バンコクでもすでに4回、「ママイキ」を開催。バンコクに住まわれる多くのお母さんたちに会って悩みを聞いてきました。やはりお国が違えば、生活スタイルも変わるもの。同じ日本人でも似て非なる悩みを抱えていらっしゃいますね。

でも、やはり、それぞれの立場で、それぞれの事情で悩んでいるように見えて、突き詰めて考えてみるとそのほとんどは「人間関係」の悩みです。

私たちはみんな、心の中に「自分の物差し」を持って生きています。今回のコラムでは、(前置きが長くなってしまいましたが。笑)、この「物差し」について見ていきタイと思います。

自分の物差しの目盛りは、細かい? 大雑把?

目盛りが細かい物差しもあれば、大雑把な目盛りのものもあり、どんな物差しを持っているかは人それぞれ。私たちは日々の暮らしのあらゆる場面で、この「自分の物差し」を基準にいろいろなことを感じたり考えたり判断したりしています。

自分の物差しとは目盛りの違う物差しを持つ人と出会うと、心がザワザワと落ち着かなくなるものです。ですよね?

特に時間にルーズだったり、日本の常識が通用しないタイの方などを相手にしているとなおさらです。それが、旦那さんやお子さんに飛び火することも。

だれかに腹が立ったりイライラしたりするとき、私たちは往々にして「普通はあんなことしないのに」「常識的に考えて間違ってるわ」といったように自分の価値観を基準にして相手をジャッジしてしまっています。

でも、必ずしも相手に悪気があるということではありません。たいていの場合、相手も自分の物差しを基準にして「最善だ」と思う行動をしているから。「よかれ」と思ってしている行動が、あなたの物差しとは違っているだけのことだったりするのです。

物差しはほんとうに、人それぞれで違います

たとえば、「明日は今日より少し早めに来てくださいね」と言われたら、あなたは何分前に行きますか?

5分前という人も、30分前の人も、1時間前に行くという人もいるはず。みんな自分の物差しで「少し早め」の時間を決めています。よね?

でも「1時間前」の物差しの人は「30分前」の人に対して、「早めにと言われたのに遅過ぎる」と感じるでしょうし、逆に「5分前」の人は「30分前なんて早過ぎる」と感じるでしょう。「1時間前」なんてバカなんじゃないの?笑 とも。

たとえ夫婦や親子であっても、物差しの目盛りはそれぞれ違うもの。掃除の物差しの目盛りは細かいけれど、時間の物差しの目盛りは大雑把、なんてこだわるポイントも人それぞれ違っていたりします。

そんな物差しの違いに悩む受講生さんに私が言うのは、「日常生活の中でもっとその違いを意識しながら過ごしてみてごらん」ってこと。

例えば、待ち合わせのことであれば、「気持ち早めに」ではそれぞれの物差しに委ねてしまっている(この言い方だと、自分の物差しを相手に押し付けていることにもなりますし)のですれ違いが起きてしまう。だからもっと具体的に、「10分前には来ておいてね」と。

自分の物差しを相手に押し付けるとき、そこにコミュニケーションのすれ違いが生まれます。みんながみんな自分にとっての「当たり前」で話をしちゃいます。まずそこに気付くことが、とても重要です。物差しの目盛りはそれぞれ違うということを前提に、その違いを楽しめる心の余裕を持つことが、円滑なコミュニケーションの秘訣なのかもしれませんね。

次回は、5月15日に掲載予定。テーマは、「それは事実ですか? 憶測ですか?」

プロフィール
山崎洋実(ひろっしゅコーチ)
1971年静岡生まれ。旅行代理店、大手英会話学校勤務.。退職後コーチングに出会い、体系的に学ぶ。3年間の専業主婦生活を経て、身近なママ友向けに「ママのイキイキ応援プログラム」をスタート。ママの特徴に合わせ、豊富なエピソード・事例を用いて伝える内容が、「目からウロコ」で「子育てが楽しくなる」「参加しただけで元気になれる」と評判に。クチコミとリピーターで活動が広がり、瞬く間に首都圏から関東、全国へと飛び火。また、ママ友トラブルやママカーストなどの事例をよく知る専門家としてメディア出演も多数。現在では、香港・タイ・シアトル・ブエノスアイレスなど世界各国で講座を開講。受講生は延べ5万人を超える。企業研修や講演を通して、男女問わずそのマインドが広がりつつある。

バンコク「ママイキ」ワークショップ、6月27日~7月2日に開催! 詳細はwww.fine-coaching.comにて。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 468Familymart 2階にはコワーキングスペースも! 「ファミリーマート・スクムビッ…
  2. ひろっしゅコーチの、戦わないコミュニケーション・コラム 第1回「…
  3. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK!…
  4. IMG_5731_R お手軽・便利! 「HomeProS」 が新OPEN!!
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる …
  6. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ…

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」

PAGE TOP