曼谷シャワー

【曼谷シャワー】変わったもの、 変わらないもの vol.391

ダコが、なんと500号ということで、この曼谷シャワーも、連載18年目。日本に帰ってきてからの期間が、バンコクに住んでいた期間の倍になってしまった。周りの友人も次々と本帰国。そのうち、2度目の駐在でバンコクに行く人がちらほら増え始め、そういった友人たちも、再び新しい赴任地へ。

バンコクも、帰省するたびに新しいショッピングモールができて、屋台は激減。やっぱり年月には抗えないと思っていた先日、「今年こそ!」とタイ語のテキストを買ったら、例文が、「チェンライ旅行でワット・ロンクンに行ったら修繕工事中で中に入れない」とか「パスポートと財布を置き引きにあった」という話で、その後見学ができたり、財布が見つかるといった状況の会話は登場せず。ああ、このやりきれなさがタイなんだよなぁ、と懐かしい。

まぁでも、よく考えると我が家でも、いまだに小遣いは100%前借り。さらに、ヨードだけ里帰りする時は、「これで最後」と言いながら、10万単位のお金を家の建築費用に充てると前借りをしていくけれど、いまだ実家は完成せず。窓やドアがついていない箇所や、室内の壁も、ブロックがむき出しのところもかなりある。ヨードが持参したお金のほとんどは自分の遊び代に消えているだろうから、当然といえば当然だよね。来月もまた実家に帰ると言ってるけど、建て始めてから12年も経っているから、もうさすがにトイレなどは壊れてきていて、建築費用だか修繕費用だが、よく分からない。

最近、フェイスブックなどで、日本でタイ人男性と結婚した日本人女性から連絡をいただくことがあるけど、うちもよく離婚せずに今まで一緒にいるなぁと感慨深い。きっと、その理由は? と聞かれたら、貸したお金を全部返してもらってから離婚しようと思っていたら、完済間近に再び前借&借金が始まるからなのではと思ったり。
今年は平成最後の年。ダコも私もみなさんも、新しいスタートの年になりますように!


下関崇子/ムエタイ修行のために来タイした元プロキックボクサー。タイ人トレーナー、ヨード氏と結婚し一男一女の母に。2006年6月、6年間のタイ生活に終止符をうち一家で日本へ。草の根の日タイ交流、続行中!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】厄年? vol.367
  2. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】自由に生きる vol.369
  3. 【曼谷シャワー】ジャパンドリーム詐欺? vol. 390
  4. 曼谷シャワーロゴ 【曼谷シャワー】 日本の教育は細かすぎ? vol.357
  5. shower column logo 【曼谷シャワー】夢のある話 vol.356
  6. 名称未設定-1 【曼谷シャワー】日本でタイ式お正月 vol.365

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】

PAGE TOP