イベント・ステージ

竹の子族からゴスロリまで。コスプレがもたらす意味とは? J-Talk: Diggin’ Culture #04 『コスプレ-異装する身体のアイデンティティ』【国際交流基金バンコク日本文化センター】

「もう一歩」進んだ日本の理解、J-Talk: Diggin’ Culture

タイの人たちに「もう一歩」進んだ日本の文化・社会について理解してもらう、カジュアルなトーク・シリーズ「J-Talk: Diggin’ Culture」です。

J-Talkでは、知的好奇心を刺激するトークで、日本の文化・社会について「+アルファ」の知識と視点が得られます。

4回目のテーマは「コスプレ」

パリ第8大学造形芸術学部大久保美紀講師を呼んでの今回のJ-Talkのテーマは「コスプレ」

秋葉原に集う、漫画やアニメ、ゲームのキャラクターのコスチュームに身を包んだ若者たち。コスプレは、「クールジャパン」のアイコンとして、ヨーロッパやアジア諸国などの海外メディアでも取り上げられ、世界中の若者たちの手によって独自の発展を遂げてきました。

社会学的な観点からはしばしば、「異装」実践という自己表現を通じた問題解決や、仮装の非日常的経験がもたらす精神的効果が評価されています。

80年代の「竹の子族」や「ヤンキー」文化から比較的最近の「ギャル」や「ゴスロリ」までを網羅しつつ、日本の異装の歴史的背景を踏まえつつ、コスプレが身体とアイデンティティに及ぼす本質的意味を再考します。

といった、ちょっとお堅い感じのトーク内容ですが、まったくの初心者でも楽しめるよう、ベーシックなところからスタート。日本語によるトークは随時タイ語通訳が入るので、タイ人の友人や知人と一緒に参加してみてはいかが?

語り手プロフィール

大久保 美紀(おおくぼ みき)
1984年札幌生まれ。美学芸術学博士。パリ第8大学造形芸術学部講師、キュレータ。専門は、現代芸術、自己表象論、ポピュラーカルチャー論、身体論、ファッション論。主な著書にExposition de soi à l’époque mobile /liquide(「可動的で流動的な時代の自己表象」、2016年)、Arts Awarenessなど。

J-Talk: Diggin’ Culture #04 『コスプレ-異装する身体のアイデンティティ』

日時:3月14日(木) 19時~21時※受け付け18時半~
※日本語(タイ語逐次通訳付)によるトークイベント。参加費無料、全席自由で定員70名、下記より申し込みを。
HP:https://bit.ly/2BE5MkG
場所:国際交流基金バンコク日本文化センターE教室 サーミットタワー10階 アソークモントリー通り
MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. サイアムパラゴンでおいしい!たのしい!イベント開催「AROII …
  2. タイで初めてのインターナショナル音楽フェス「Maho Rasop…
  3. 【イベント★早耳情報】11月8日~ タイ・ベビー&キッズ・ベスト…
  4. 【イベント★早耳情報】~7月31日 テイスティー・アメリカ、ほか…
  5. 【イベント★早耳情報】4月23日~ Yeah! マーケット、ほか…
  6. キングパワーで開催中の日本イベント「AKIGUCHI」は日本のパ…

オススメ記事

  1. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  2. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  5. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!

PAGE TOP