ワンデートリップ

バンコク発ちょっトリップ『タイ版・民宿。まるで おばあちゃんちに行くような』

旅行とは、必ずしも遠くに行く必要はないと思っていて。もし、日常と違う体験や発見があるのなら、それはそれで旅なのではないかと。というわけで、たまにはバンコク内であえて1泊してみませんか? というご提案です。

・旅して書く係・編集マイ
ゲストハウス泊を愛する週末トートバックパッカー

泊まったのは1階の「YUREE SUITE」。部屋の名前はすべてオーナーさんの家族の名前

木漏れ日がゆらゆら踊る庭、それを見守るように建つ白い大きな家。90年近く前のタイの古民家をゲストハウスとしてオープンさせたのが「24 サムセン・ヘリテージ・ハウス」だ。このあたりは昔ながらの邸宅が多く、緑も多い。同じバンコク都内といえど普段生活しているエリアとはまったく違う雰囲気が漂っている。

白い壁と深い緑色の柱。かわいらしい雰囲気の古民家です

今回はタイ人同僚と一緒に、ここに泊まるためだけに来た。普段暮らす街であえて外泊する良さ、といえば、「ガツガツ観光する必要がないので宿の魅力を存分に堪能できる」ことにあると思う。今日はこの歴史ある家を思う存分味わいつくそう。お部屋は4室、スイートのみ。ちょっときしむ床、丁寧にワックスのかけられた階段、ロビーに置かれた古時計、チェック柄のテーブルクロス、日付の大きなカレンダー。あぁ何だか、おばあちゃんの家に来たような安心感……。だれも部屋に入らずロビーのソファで寛いでいる。このリラックス感は古民家ならではかもしれない。

階段下がレセプションに

部屋にあるデスク。化粧台に使いました

近所のカフェにお茶に出かけた後は、夕飯の買い出し。この日は晩ご飯もみんなで作って食べることにした(予約の際に相談すれば、料理上手なナンタお母さんがご飯作りを手伝ってくれるらしいです)。なんだか合宿みたいで楽しいぞ。チャオムの葉をとり、ニンニクをむき、炒めたり煮たり。みんなで作ったご飯をみんなで囲む。これ以上のごちそうはないよね。

みんなで作った夕ご飯。ナムプリック・ガピがおいしかった!

翌朝は外の席で朝食。風が気持ちよかったなぁ。そうそう、この時期ちょうどPM2.5による咳で苦しんでいたのだが、ここに泊まっている間はピタリと止まっていた。やっぱり空気がいいのかな。不思議だ。

朝ご飯は外の席でおかゆ

IME SCHEDULE

【1日目】
11:00 BTS戦勝記念塔駅集合。14番バスに乗り込む
11:20 ナコンチャイシー通りとサムセン通り交差点のタラート付近で降車。近くの食堂で軽くランチ
12:20 「24 サムセン・ヘリテージ・ハウス」着。しばしダラダラする
16:00 「Silpa Bhirasri’s House」でお茶&ギャラリー見学

シルパ・ビラシリの家

2階がアートスペース、1階はフォトジェニックなカフェで、おしゃれなタイ人でごった返していました

17:00 買い出しをして宿に戻る。夕食作り開始
19:00 夕食

【2日目】
09:00 庭で朝食後、しばしのんびり
11:00 庭でパッタイ作り

ランチは手作りパッタイ。ペーストがおいしいから炒めただけでおいしかった

11:30 ランチ
12:00 チェックアウト

+1 TRIP

花について知り、花料理も食べられる博物館

タイ人フローラルアーティストのサクン・インタクン氏による私設博物館。館内にカフェもあるほか、隣には花を使った料理が楽しめるレストラン「Midnight Moon」を併設している。

The Museum of Floral Culture
花の文化博物館

電話:0-2669-3633~4
時間:10時~18時 月休
HP:www.floralmuseum.com
入場料:150B

TRIP MEMO

宿泊どころ

24 Samsen Heritage House
24 サムセン・ヘリテージ・ハウス

電話:09-1713-9282
HP:www.24samsenhh.com
料金:朝食つきスイート(3名まで宿泊可)1400B~

見どころ

Silpa Bhirasri’s House
シルパ・ビラシリの家
(カフェ兼アートギャラリー)

電話:08-3194-1956
時間:7時~19時、土日7時~21時 無休
HP:http://silapasri.com

↓ここからすべての施設の位置情報を確認できます

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_3976 ちょっと街を離れてウォータースポーツしましょ ここで一日過ごせち…
  2. 《週末★トリップ》 ペッチャブリー県 車を走らせて、自然と遊ぶ休…
  3. P1080773 【週末★トリップ】チョクチャイファームへアグリツーリズム カオヤ…
  4. 新鮮食材盛りだくさん、線路の先の港町「マハチャイ港」
  5. 生き物好きな息子とテウェート市場周辺紀行
  6. バンコク発★週末ちょっトリップ『緑に囲まれたカオヤイで、 子供も…

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP