旅人ペーのバンコクご近所案内

【旅人ペーのバンコクご近所案内】農学部が 取り持つ縁 vol.010

野菜果物、米、茶葉、日用雑貨、食品、農機具まで、あらゆるものが並ぶ

タイの農業大学、カセサート大学の学園祭「カセート・フェア」をご存じだろうか? 創立記念日である2月2日を挟み、毎年1月末から2月初めにかけて開かれている。野菜や果物、観葉植物の栽培法や最新技術、環境保全など、農業に関する様々な講習や展示発表を行っているんだ。

とはいえ、本格的な農業従事者向けのイベントというわけではない。農産物を中心とした物販エリアにも重点を置いている。毎年大勢の買い物客で賑わう様は、さながら巨大ウィークエンド・マーケットだ。

僕が気に入ったのは学生の模擬店。学科ごとに特色のある店を展開している。すべての学科を支援したいが、残念なことにこちらの胃袋にも限界がある。そこでいくつかに絞ったわけだが、ぜひここで紹介したい興味深い店に出会った。畜産学科のカオマンガイだ。

材料には南部ヤラー県ベートン郡の銘柄鶏「ベートン鶏」を改良した「KU(Kasetsart University)ベートン鶏」を使っている。弾力のある肉質が特長のベートン鶏のカオマンガイはバンコクでも有名だが、ベートン鶏の飼育には時間も手間も掛かる。

KUベートンのカオマンガイ

そこで畜産学科ではより早く成長し、肉が柔らかく、脂肪の少ない鶏種を誕生させた。そのKUベートン鶏で作ったカオマンガイとは斬新で大変興味深い。いざ実食! 素晴らしく美味とはいかないまでも、学生たちの作品と思えば悪くない味だった。

このイベントで少々残念だったのは、規模が大きすぎることだ。農業と学生の活動に関して充実していれば問題ないが、無関係でありきたりな飲食店が多すぎる。それによって主役である学生たちの存在感が薄れているのだ。

大学で農学を専攻していた僕としては、日本人の皆さんにこのイベントを紹介することで学生たちを応援したい。日常生活では縁のない、タイの大学と農業を間近で見られる良い機会だと思うんだ。

今の僕は農業とは異なる分野の仕事をしている。しかし農業を学んでいなければ、カセート・フェアでの発見も、コラムで紹介することもなかったかもしれない。農学が結んだ縁に、乾杯!

Kaset Fair

開催日:毎年1月末~2月初め
カセサート大学バンケン校(ンガームウォンワン通り)


ぺー=シリパン・ジェンタラクールラート
旅人、37歳。ダコタイ語版4代目編集長(~2015年)。現在はタイの大手出版社にて編集スタッフを務める。ダコ本誌で2009年から2018年2月まで「屋台の細道」(全108回)を連載。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】カジョンシリ寺ハーブサウナ 00…
  2. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】チットビア・クレット島 vol.…
  3. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】My Mom vol.004
  4. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】Dusit Zoo vol.00…
  5. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】大きなガジュマルの木の下で vo…
  6. 【旅人ペーのバンコクご近所案内】お天道様という 偉大な存在でさえ…

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」

PAGE TOP