駐妻スクープ in Bangkok

<駐妻スクープ in Bangkok>棚を埋め尽くす、白い食器たち バンコクPATRA最強説の巻 vol.122

個性的なお皿の行方

妹がさっちぃ家の食器棚を開ける度に、わっ! なんで~!
まっ白っ!! と叫びます。

食器好き祖母と母の影響を受けた我々姉妹、結婚後は、無意識に食器を集めていました。
さっちぃはタイに来てからも、セラドン、ベンジャロン、ブルー&ホワイトからメラミン、チャトゥチャックの激安皿まで気の済むまで集めました。

そんなお皿を使いこなす女性に憧れて、たくさんのお料理教室やテーブルコーディネイト教室にも参加しましたし♡

だがしかし、恥を忍んで告白します。習ったお料理、実は家で作ったことないです。大量の個性的なお皿、使えてないです。このパーティ用大皿、たぶん一生、出番ない……。前回の本帰国時には7割ほど、売りました。

ステキなおもてなし料理を振る舞える女性に強く憧れるけれど、それは自分が苦手だからこそ憧れてたんだと、思い知りました。

さっちぃの毎日は、餃子包めば一度に100個、唐揚げは1キロ、ハンバーグのミンチにはパン粉も豆腐も大量投入のカサ増し工作。作っても作ってもまだ足りない食堂のオカンな現実。サイトウフーズや誠屋の冷凍食品も手離せません。

まっ白な食器棚のワケ

そんな夢と現実の狭間に喘ぐさっちぃの今を支えてくれるのは、タイの陶磁器メーカーPATRAの白シリーズです。ワンポイントもありません。柄もありません。もちろん浮き彫り的な装飾もありません。まっ白です。

平皿、お椀、小皿を数種類少し揃えて、それだけ。すごい普通ですごい地味。でも私みたいな人(笑)に超オススメ。食堂のオカンメニューも、ちょっとしたレストラン仕上がりに映える。名付けてPATRAマジック。

タイのどのデパートにも売ってます。しょっちゅうセールしてます。高過ぎず、安過ぎず、経済的(これ大事)。割っても即、買い直せます。

本帰国後のダイニングにも相性抜群。セリアの白食器、ヤマザキ春のパン祭りの白い小皿との平和な共存も可能。スッキリ見せられて、飽きないですよ~。


文・イラスト/駐妻探偵4号帰ってきたさっちぃ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>フアヒン、いまむかし 6年…
  2. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>親子3人で行ってきました。…
  3. <駐妻スクープ in Bangkok>最近なにかと話題のバンコク…
  4. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>大人ニキビの解決法! 駐妻…
  5. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>「さよなら」は言わないわ♡…
  6. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>駐妻の聖地、フジ1前に乱立…

オススメ記事

  1. タイで大人気!子ども専用美容院 ミルクキッズサロン&ネイル
  2. 【タイに住む日本人】八代 健さん インタビュー(オーシャン・フォトグラファー/プーケット・パンガー県) 
  3. 五感が悦ぶ!ル・メリディアンのアフタヌーンティー+スパで、癒しのひと時を
  4. チャオプラヤー川沿い5つ星ホテル「ロイヤル・オーキッド・シェラトン」で味わう、伝統料理とタイ舞踊
  5. 祖母の味を豊かな食材と共にモダンなタイ料理へと昇華。アジアティークに新登場した優雅なレストラン「ザ・サイアム・ティー・ルーム」

最新のTHB-JPY

PAGE TOP