【日本映画無料上映会】1月のJFシアター

1月のJFシアター

国際交流基金バンコク日本文化センターが開催している日本映画無料上映会。1月は音楽に情熱を注ぐ人々を描いた傑作を上映します。全作品タイ語字幕付きです。

時間:毎週金曜日:18時半~
場所:国際交流基金バンコク日本文化センター セミナールーム(アソーク サミットタワー10階)
料金:無料
電話:0-2260-8560~4
HP:http://www.jfbkk.or.th

1/4
『のど自慢(Sing Your Heart Out/NODOJIMAN)』(1999年)

歌謡コンテストの長寿生放送番組の収録が行われることになった群馬県桐生市を舞台に、様々な思惑を背負い予選にのぞむ人々を描く。
監督:井筒和幸
出演:室井滋、大友康平、尾藤イサオ、岸部一徳、竹中直人

1/11
『ビート・キッズ(Beat Kids)』(2004年)

岸和田名物「だんじり」のリズムを心に持つ高校生が、友人関係や家庭の問題に苦悩しながらドラマーとして成長していく様を描く。
監督:塩屋俊
出演:Hungry Days(森口貴大、市道信義、古河弘基、田中康平)、相武紗季

1/18
『ロックよ、静かに流れよ(Rock Requiem)』(1988年)

ロックバンドとしてステージに立つことを目指す高校生たちの友情と情熱、そして別れを描く。
監督:長崎俊一
出演:男闘呼組(成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽)

1/25
『NITABOH仁太坊-津軽三味線始祖外聞(NiTaBoH :Tsugaru shamisen)』(2003年)

明治維新の頃の津軽を舞台に、天涯孤独の全盲少年・仁太坊が厳しい修行を重ね津軽三味線の基礎を築き上げていく様を描いた実話アニメーション映画。演奏はベテラン奏者の上妻宏光が担当。(英語字幕)
監督:西澤昭男


上記の情報は取材時点のものです。突然の中止、延期などもありますので、お出かけ前にもう一度ご確認ください。

 新着記事を読む 

オススメ記事

  1. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  4. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP