あーっ、あらいな?

【あーっ、あらいな?】バンコクはあるべき姿を取り戻した vol.012

ダイ・クルンテープ・ティー・クワン・ジャ・ペン・グラップ・マー・イーク・クラン
ได้กรุงเทพฯที่ควรจะเป็นกลับมาอีกครั้ง

「バンコクはあるべき姿を取り戻した」

4連休の初日である7月21日、タイの人気映画監督ナワポン・タムロンラッタナリット氏は、バンコクの住民が出かけて渋滞がまったくない道路を見て、FB上で次のように投稿した。「バンコクは、あるべき本来の姿を取り戻した」と。

これに対してSNS上では、ネット民が「地方の人たちが大勢バンコクに働きに来ていることをバカにしている発言だ」と批判し炎上騒動となった。ナワポン氏は後に「そういうつもりではなかった」と謝罪する羽目に。

シット・トラヨット
ศิษย์ทรยศ

「裏切った(元)生徒たち」

7月23日のFB上に、ある教師の話が投稿された。この教師は約20年前、タイ学資ローン基金からローンを借りる生徒たち60人以上の保証人となったが、現在、30人近くの元生徒たちが返済しておらず、教師は100万B以上の借金を背負い、家と土地を押収される事態に陥った。

ネット民は「借金して返さないなんてありえない。犬の方がまだ恩を知っている」と批判。元生徒たちは「督促状が来なかったから」と弁明しながら返済に応じ始めている。

ルアク・タン・ピーナー
เลือกตั้งปีหน้า

「来年(こそ)、総選挙」

プラユット首相は8月1日、「バンコクポスト」の72周年記念式典で講演した。その中で「来年は総選挙を行なわなければならない、絶対に実施する。……ただし、騒動が起こり選挙が行えなくなる事態が来ない限り」と発言。

2015年から総選挙を行うと宣言しては延期を繰り返す中でのこの発言で、タイのネット民の間では、来年の選挙も延期されるのでは、と危惧する声が高まっている。


2018年8月20日発行 ダコ487号に掲載

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【あーっ、あらいな?】覚せい剤売っています vol.002
  2. 【#あらいな】場所も時間も違う…。1日で5台の車が炎上
  3. 【あーっ、あらいな?】「人を救うためなら、口出しするよ」 vol…
  4. 【#あらいな】大型オーディション番組でタイ人女性が見事デビュー!…
  5. 【あーっ、あらいな?】「メー・マニーの無尽講」 vol.034
  6. 【#あらいな】フェイクのサボテンに共感の声?

オススメ記事

  1. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  2. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  3. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  4. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  5. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ

PAGE TOP