ライフ

【プリセール開始】あえての超一等地! プロムポンにコンドミニアムを買うことを真剣に考えてみる。【SINGHA ESTATE(シン・エステート)の低層コンド「EYSE 43」】

突然ですが、アナタの年収は……

A: 280万B以上   B: 280万B未満

 

Bの方は、これ以上下にスクロールしないでください………

 

 

 

 

 

 

 

ダメですよ。

 

 

 

 

 

 

冗談です。いや、でもあながち冗談ではないです。
なぜなら、今回はバンコクの超一等地「プロムポン」にコンドミニアムを買おうというお話だからです!
(よく家を買うなら「年収の5倍」なんて言いますね。上の数字はそれに基づいて出してみました)

 

バンコク都心の一等地! プロムポンにコンドを買う

タイ在住日本人ならば知らない人はいない街「プロムポン」。
駅の両側には、トレンドのレストランやブランドが詰まったショッピングモール。日系スーパーや日本食レストランも充実。
先日ダコで行った駐妻白書のアンケートでも、日本人駐在家庭の4割以上がプロムポン在住でした。

2018年6月20日発行DACO「駐妻白書」より。お住まいの最寄り駅はどこですか?

こんな便利な街なので、物件価格はバンコク内でも最高峰。正直高い。
ですが、
・日本人が生活するのに便利な環境
・日本人学校への送迎バス圏内(将来的な家族構成の変化にも対応しやすい)

ということで、「日本人駐在員への賃貸に出しやすい」といえるでしょう。

同上号より。1カ月の家賃はいくらですか?

駐在家庭の家賃相場は、ボリューム層で月6~8万B(日本円で20~27万円)程度。コンドミニアムの価格も高いが、賃貸に出したときの家賃収入も大きいといえます。

 

実際にバンコクでコンドミニアムを買った日本人の声

コンドミニアム選びの際、どのような点を見て購入に至るのか。
自身の住居用、また投資用にコンドミニアムを買った日本人に、コンドミニアム購入の決め手を聞いてみました。

【自身の住居用/Yasukoさん・女性】

①ご自身のコンドミニアム購入の一番の決め手はなんですか?
窓から見えるタイらしい景色(お寺が見えて遮るものがない)と間取り。セキュリティチェックがしっかりしていること。

②立地面でこだわりはありましたか?
車もバイクも運転しないのでBTS まで歩ける距離であること

③ファシリティでこだわっていたことはありますか?
この点はあまりこだわりがなかったです。

④コンドミニアムを購入してよかったと思うことはなんですか?
まだ着手していませんが、内装を自分好みに変更できること。

 

【投資用/Mさん・男性】
※投資というほどではないが、銀行に入れておくより利率がいいと思って購入

①ご自身のコンドミニアム購入の一番の決め手はなんですか?
・信用できそうな日本人ブローカーが勧めてくれたから
・転売物件でなく、一番乗りで一番安く買える機会だったから
・仕事場のすぐ近くだったから
・よく広告で業者の名前を見ていたので

②立地面でこだわりはありましたか?
8割方転売することで考えていました。なのでBTS駅から徒歩10分内のところにしました

③ファシリティでこだわっていたことはありますか?
転売目的なので全然こだわりなし

④コンドミニアムを購入してよかったと思うことはなんですか?
周辺の地価が年々上がっていくので、銀行に入れておく利子より利益が得られる

コンドミニアム購入は、住居用の場合は「自分のライフスタイルや好み」ありき、
投資の場合は、購入後に転売、または賃貸に回して利益が得られるような「立地・設備」を考える必要がありますね。

 

タイの不動産デベロッパー「シン・エステート」

前置きが長くなりましたが、そんなプロムポンの街に、タイの不動産デベロッパー「シン・エステート」が初の低層コンドミニアム「EYSE 43(イーズ43)」を建設します。
場所はスクムビット通りソイ43。立地、設備、そして価格を見ても、投資用の物件かな、という印象です。

シン・エステートとは
タイの不動産デベロッパー。シンハービールやビアリオで知られるタイの大手飲料メーカー「ブンロート・ブリュワリー」が最大株主。リゾートホテル運営や高級コンドミニアム建設で知られる。

最近バンコクの街にも増えてきている高級低層コンドミニアム。高層コンドミニアムよりヴィラのようなプライベート感があり、共有スペースも広くとられています。
マンションというより、戸建ての家のような雰囲気を意識して作られています。それでは見ていきましょう。

 

都会の中にある森の隠れ家「EYSE 43」

「EYSE 43」のコンセプトは「THE HIDDEN TREASURE」。

どうですか、この緑多き空間。大都会の中にあって安らぎを感じさせてくれます。
「EYSE 43」があるのはスクムビット通りソイ43を入って250mほど。都心ではありますが、閑静な通りなのでプライベート感もしっかり守られています。

共有スペースのガーデンには階段状の滝が流れ、常に水の音が癒やしを与えてくれます。

ガーデンラウンジ。この2階になんと温泉もあるそうです。すごい。

もちろんフィットネス、プールも完備です。

こちらは共用のリビングルーム。
コンセプト通り、どこかに必ず「木や緑のぬくもり」を感じられるようになっているのがいいですね。

 

お部屋の内装カラーもカスタマイズ

1ベッドルームから3ベッドルームまで部屋の種類もさまざまご用意。

こちらは3ベッドルームのリビング。2枚の写真で雰囲気が違いますよね? 壁紙と床材を好きなトーンから選ぶことができるんです。
自分の城ですからね。こだわりたいところです。

 

モデルルームの内覧に行ってきた

完成予想の図はね。やっぱりきれいですから。まだ建設前ですが、やっぱり実物を見せてもらわないと。
ってことでモデルルームを見てきました。しかし、人が多すぎてまともに写真は撮れなかったので「いい!」と感じたポイントを列記します。

・天井が高い!
タイの多くの低層コンドミニアムだと、天井高2.6mが基本らしいのですが「EYSE 43」はなんと3m。圧迫感とは無縁です。
・ところどころに木のぬくもり
バルコニーやベッドルームの内装のところどころに木が。タイのコンドミニアムではめずらしいナチュラル感。これは「一軒家」のように感じられるようにデザインされたものです
・家具つき、家電もビルドイン
冷蔵庫、洗濯機をはじめ、家具や食器まですべて揃っています。イタリアから輸入したPoliformというブランドのものです。何を揃える必要もなく、すぐ賃貸にまわせますね。
・すべての部屋にバスタブ付き
シャワーだけという物件も多いですが、ここは全室バスタブ付きです。

モデルルーム内覧で見たバスルーム。本物の大理石とここにも木をあしらったラグジュアリーなデザイン。もはやホテル。

 

プリセール開始! 気になる価格は?

こちらの「EYSE 43」、2018年7月21日(土)、22日(日)にプリセールを開催します。
タイ語でも契約になることも多い中、こちらは英語での案内・契約が可能です。

プリセールとは、
建物建設前の段階で、数年後の完成・引き渡しを条件に、現地デベロッパーが先に物件を販売する方式の売り方。建物の建設度合いに応じてどんどん値が上がっていくため、プリセール段階で購入するほうが安くなる。
ただし、建設前の契約のためトラブルになることもあり、信頼できるデベロッパーと契約することが大前提である。

「EYSE 43」の物件価格は1ベッドルーム1399万Bから。プリセールで買うと20~40万Bほど安く買えるそうです。
BTS沿いの地価は毎年平均6~25%の割合で上がり続けているということで、物件の価値も上がり続ける可能性がまだ高いといえるのではないでしょうか。
投資目的で購入を検討されている方は、ぜひこの機会をお見逃しなく!

 プリセールのご予約はこちら

プリセール後ももちろん(部屋が残っていれば)販売は続きますので、「やっぱり実物を見てから決めたい!」という方はそれでもいいかもしれません。
ちなみに完成予定は2020年です。

 

SINGHA ESTATE(シン・エステート)

HP:EYSE 43オフィシャル

 

 

 











PAGE TOP