ビューティー

タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話

タイにお住まいの紳士淑女のみなさま。

髪の毛、サバイディーマイ(ご機嫌いかがですか)?
髪の毛、いい感じで保ててますか?

かくいう私、編集Mはですね、もうキッシキシのパッサパサです。元々は結構ネコっ毛というか、ツヤもあるような髪質で、新入社員時代(●年前)には「天使の輪っかちゃん」なんて呼ばれていたこともあったのに。今や毛先もまとまらず、「ンゴー」みたいな感じです。

ンゴーことランブータン

 

今朝だってですよ、ドライヤーをかけて床を見たらこれです。

Oh……抜け毛。

 

「全部タイのせいだ」
そう逆恨みしても仕方ないでしょう。
荒れ狂う紫外線、吹き出る汗と皮脂、毛穴は詰まりまくっているはずです。しかも、日本は軟水、タイは硬水。水の違いで髪質の変化を感じる人も多いと思います。

しかし、それでもタイで生きていくのですから(大げさ)、やっぱり髪はなんとかしなくてはいけません……。だれだ、「髪は女の命」とか余計なこと言った奴は! 許さんぞ!

髪にまつわる色々を調べてみたのですが、まぁ諸説あるわけですよ。オーガニックだのノンシリコンだの、トリートメントを流す流さないなど……。そんな中で、聞いたことのない言葉にぶつかりました。

「フルボ酸」です。

 

生物に栄養を吸収させるはたらきの「フルボ酸」

聞きなじみのない成分だが、一体どんなものなのか。

フルボ酸とは……

動物・植物問わずあらゆる生物が栄養素を身体の中に吸収させるのに必要な成分。フルボ酸自体も摂取の難しいミネラルを含んでいて身体に充填し、有害なミネラルを結合して排出する働きも。人体への効能としては、「抗菌・抗炎症作用」「抗酸化力により生理機能の活性」「免疫力の活性化」などが挙げられる。

おぉ……なんだかすごそうだぞ、フルボ酸。
フルボ酸自身も強い抗酸化力、やはり一番の特徴は、体に必要な成分(いいもの)を吸収する手伝いをし、いらない物質は排出するという点。
いわば身体の中の名仕分け人ってことですよね。

ということで、

世の中にはシャンプーやヘアケア商品があふれている

競争も激しいので、よい成分を配合した商品ばかり

いい成分が詰まっているのだから、上げるべきは「浸透力」だったのでは……!

髪にいい栄養素+フルボ酸=髪の健康

このような黄金の方程式に気づいたいくつかのメーカーが、すでにフルボ酸化粧品やヘアケア製品に配合を始めている様子。こうしちゃおれない。私もさっそく、フルボ酸を手に入れなければ!
どこに行けば手に入るんだ……?

フルボ酸は、命を終えた動植物が微生物によって分解・発酵を繰り返しながら堆積された物質から抽出される。土壌中に多く存在し、河川、沼、湖などに見られる。もともとは土の中にあり、植物にミネラルやアミノ酸を補給させる役目を担っていた。

土か! 土、土……。

注)オフィスの庭です

枯れ葉の近くの土のほうが発酵しているかもしれない

掘ってみた。この中にフルボ酸が……?

直接塗っていい?

フルボ酸は質の良い有機土からしか抽出できない。特に今は大気汚染や農薬などの汚染が深刻になっており、質のよいフルボ酸をとれる地域は限られる。さらには、土壌から直接抽出すると枯渇の危機になるため、今では樹木から特殊技術で抽出されている

なんですとーー!
あ、あぶなかった……。素人が簡単に手にできる成分じゃなかった。もはやこれまでか……。

 

ん?

 

キラキラキラ……

 

こ、これはーーーーーー!
まさかタイにフルボ酸入りのシャンプーがあると思わなくて、ついフルボ酸そのものを探してしまったけど、まさか、まさかーー!

タイにも、あったのかー!

 

フルボ酸配合シャンプー「FULVIS(フルヴィス)」で洗ってみた

というわけで、さっそく使ってみましょう。

さらっとしたテクスチャーです。

この茶がかった色がフルボ酸の色なんですって。腐食酸独特の色でポリフェノールが多く含まれているようです。

泡立ち、上々。

「グリーンローズの香り」とありますがシトラス系のようなフレッシュ感があって、バスルーム全体がいい香りに。男性でも女性でも使える爽やかさ。

続いて、トリートメント

 

髪先までしっとりしたような。表面だけヌルっとするんじゃなくて、中に染みていく感じがする。

トリートメントといえばこのポーズで

 

髪のダメージ&スカルプ(頭皮)ケア成分配合!

FULVIS(フルヴィス)には以下のような成分が含まれています。

1:髪のダメージケア成分
ケラチン、プラセンタエキス、ローヤルゼリー、コラーゲンなど、ダメージヘア補修成分7種類配合。しかも、髪にやさしいアミノ酸シャンプーなので洗い上がりしっとり。

2:スカルプケア成分
血行を促進するしょうがエキス、発毛を促進するアナツバメ巣エキス、さらに炎症を抑える成分など9種を配合。最近は男性のみならず女性からも関心が高まっている頭皮ケア。こんなおしゃれなシャンプーで髪の健康と美しさを両得できるならいいですよね!

3:高濃度フルボ酸
でました。上記2つの成分をきちんと髪の中に届けてくれるのがフルボ酸です。FULVIS(フルヴィス)に配合されているのはINCI(International Nomenclature of Cosmetic Ingredients)を取得した100%のフルボ酸。化粧品業界団体に認められた希釈していないフルボ酸です。

※ちなみにフルボ酸を希釈したエキスは「フムスエキス」と呼びますが、希釈濃度のガイドラインがなく、希釈率何%かは定められていないようです(2018年4月現在)。

 

FULVISシャンプー&トリートメント各1500B
FULVISを使い続けた人の中には「白髪が減った」「髪が増えた」などの声もあるようです。その効果のほどは、これから毎日使って「白髪生えはじめ&薄毛不安の30代」編集M(女性)が見ていきたいと思います!

 

そのほか、高濃度フルボ酸配合のオールインワンクリームもあります。こちらは1400B
わたしは乾燥肌気味で、タイのエアコンでその乾燥具合に拍車をかけているのですが、お風呂上がりにこれだけサッと塗るだけでしっとりするので重宝しています。気になる方はぜひお試しください。

 

商品のご購入・問い合わせ

 

 お問い合わせはこちら 08-1805-3790
※日本語対応

 お問い合わせはこちら health@nsit.co.th
※メーラーが起動します 日本語対応

NSI (Thailand) Co., Ltd.

場所 65/14 Soi 1. Cheangwattana Rd., Taladbankhen, Laksi, Bangkok 10210
電話 0-2973-3691~5(英語・タイ語)
メール health@nsit.co.th
(提供:NSI)











PAGE TOP