虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】スウェーデンの空気、バンコクに到着 大気汚染解消へ一歩 vol.058

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。


スワンナプーム国際空港に到着したスウェーデンの空気入りコンテナ

これは嘘ニュースです。これは嘘ニスです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

空気がきれいな国として知られる北欧のスウェーデンから、同国の空気約3トンを積み込んだコンテナが24日、スワンナプーム国際空港に到着した。バンコクとスウェーデンの空気を入れ替えることで、悪化の一途をたどる大気汚染の解消に期待が集まる。

 

スウェーデン産空気の輸入は、昨年タイ政府とスウェーデン政府が結んだ大気交換協定に基づくもの。協定では、スウェーデンの空気を年間3千トン輸入するとともに、スウェーデンで再処理したバンコクの空気を、タイ側が購入することで合意した。

 

第1弾として24日にスウェーデンから空輸された空気は約3トン。微小粒子状物質PM2.5の濃度の低さが世界5位を誇る同国の空気だが、今年の出来栄えについて、スウェーデンのスンマソン大使は「100年に一度と言われた昨年を上回る出来」と自賛する。

 

スウェーデンの空気が詰まったコンテナは、ルンピニー公園に運ばれると、そのまま外気に放出された。針葉樹林や厳しい冬を思わせるスウェーデンの清々しい空気は、まもなくバンコクの湿った空気と混ざり合い、そのまま溶けて消えていった。

 

今後は協定に基づいて、1回あたりの輸入量を拡大し、毎月200トンずつ輸入、放出を繰り返す。再処理した空気を含むスウェーデン産空気への入れ替えが完了するのは3万4397年後になる見込み。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニす。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】バナナ相場高騰 市民生活にも影響 vol.…
  2. 【虚構新聞バンコク版第76報】 タイでのプレゼント配送、大幅遅延…
  3. 【虚構新聞バンコク版】ワット・ポーの涅槃仏が寝返り vol.00…
  4. IMG_8331 【虚構新聞バンコク版】タイ版『逃走中』 放送延期に vol.03…
  5. 【虚構新聞バンコク版第79報】 新型肺炎影響、異例の「無人ソンク…
  6. 【虚構新聞バンコク版第72報】 バンコク都で「水とりぞうさん」仕…

オススメ記事

  1. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  5. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心

PAGE TOP