死ぬまでに行って見たいタイの絶景・お祭り

ペッチャブリー県 ネオクラシック・サマーパレス プラナコーンキーリー国立歴史公園

Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son

 

1859年に、ラマ4世が建設したサマーパレス。宮殿はヨーロピアンと中国様式を取り入れたネオ・クラッシックスタイルです。博物館では中国・ヨーロッパ各国からのアンティーク類や美術品などが展示され、さらに敷地内には、タイ初というオペラの野外劇場跡も残されています。毎年2月初旬には宮殿のライトアップや花火もある大規模なフェスティバルが催されます。

 

Phra Nakhon Khiri (Khao Wang)

場所:ムアン郡クローンクラセーン
時間:8時半~16時 無休
電話:0-3242-5600(国立公園事務所)
料金:入場料150B
Web:https://goo.gl/af198d(TAT日本HP)

 

【行き方】

列車:国鉄トンブリー駅から国鉄ペッチャブリー駅まで約3時間~3時間40分。国鉄ペッチャブリー駅から車で約10分。
ロット・トゥー:南バスターミナル(ピンクラオ)からペッチャブリー・ロット・トゥー乗り場まで約2時間。ロット・トゥー乗り場から車で約3分。
自家用車:プロムポンエリアから約1時間50分。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行って見たいタイの絶景】ワット・プラタートゥ・カオ・…
  2. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】タイ12の秘宝のひとつ ワッ…
  3. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son ペッチャブリー県 ネオクラシック・サマーパレス プラナコーンキー…
  4. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】手付かずの自然が残る楽園 ク…
  5. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】ひまわりの山 ドーイ・メーウ…
  6. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】菩提樹に隠れた本堂 ワット・…

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】

PAGE TOP