死ぬまでに行って見たいタイの絶景・お祭り

ペッチャブリー県 ネオクラシック・サマーパレス プラナコーンキーリー国立歴史公園

Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son

 

1859年に、ラマ4世が建設したサマーパレス。宮殿はヨーロピアンと中国様式を取り入れたネオ・クラッシックスタイルです。博物館では中国・ヨーロッパ各国からのアンティーク類や美術品などが展示され、さらに敷地内には、タイ初というオペラの野外劇場跡も残されています。毎年2月初旬には宮殿のライトアップや花火もある大規模なフェスティバルが催されます。

 

Phra Nakhon Khiri (Khao Wang)

場所:ムアン郡クローンクラセーン
時間:8時半~16時 無休
電話:0-3242-5600(国立公園事務所)
料金:入場料150B
Web:https://goo.gl/af198d(TAT日本HP)

 

【行き方】

列車:国鉄トンブリー駅から国鉄ペッチャブリー駅まで約3時間~3時間40分。国鉄ペッチャブリー駅から車で約10分。
ロット・トゥー:南バスターミナル(ピンクラオ)からペッチャブリー・ロット・トゥー乗り場まで約2時間。ロット・トゥー乗り場から車で約3分。
自家用車:プロムポンエリアから約1時間50分。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】スサーン・ホーイ(貝の化石)…
  2. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイのお祭り】チェンマイ・イーペン祭り
  3. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行って見たいタイのお祭り】林姑娘の祭り[霊慈聖宮]
  4. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行ってみたいタイのお祭り】サート・ドゥアン・シップ(…
  5. amaging thai-daco 【死ぬまでに行ってみたいタイの絶景】50の島々からなるアーントー…
  6. Poi Sang Long Procession, Mae Hong Son 【死ぬまでに行って見たいタイのお祭り】クウェー川鉄橋週間

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」

PAGE TOP