バンコクの街角

【ごろーの曼谷酒場漫遊記】ラオス・ビエンチャンは隠れたグルメシティだ!の巻

IMG_5791

先日の特集で、バンコクのグルメシティぶりをご紹介させて頂きました。実際年末に掛けて「ミシュランガイド・バンコク」が刊行予定ですし、世界的にも食で有名な街と認知されつつあります。

 

 

 

 

ただ、私は気づいてしまったのです。隠れたグルメシティがアジアに存在することを。

 

 

 

それはラオス・ビエンチャンです。

 

 

日本人には違った意味で有名な街ではありますが、ラオスが旧フランス領と言うことがあり、フレンチはじめ多種多様な料理を味わえることを、実際に現地に行って気づくことができました。

今回はわずか24時間の滞在で、お腹パンパンになるまで食を堪能した記録を一部ご紹介したいと思います。

 

 

 

先ず初日のディナー、「L'Adresse – Cuisine by Tinay」というフレンチレストラン。なんでもフランスで修行したラオス人シェフのお店だそうで。

 

IMG_5804のコピー

 

こちらでは3品のコースを160000キープ(約630バーツ)で頂きました。安すぎ。

 

 

IMG_5806のコピー

あっさりとしながらも濃厚な味わいのコンソメスープ

 

IMG_5808のコピー

写真には撮りませんでしたが、昼に違う店でガッツリステーキ(これも安かった)を食べたので、魚をメインにしました。焼き加減が絶妙で、ここが内陸国であることを忘れさせてくれます。目の前にメコン川が流れていますが。

 

IMG_5811

デザートのアイスクリーム。5種類ほどから味を選ぶことができました。

 

 

約2000円ほどでここまでのクオリティのフレンチが楽しめてしまうビエンチャン、恐るべし。

 

 

 

L'Adresse – Cuisine by Tinay

 

 

 

 

続きましては、翌日のランチ「Ai Capone」。

IMG_5834

 

 

ただ、パスタが食べたかっただけなのですが、サンデーブランチなるものに出くわしてしまい、ほぼフルコースと同様の品をブッフェスタイルで食べられることになりました。

IMG_5829

 

 

さすがにパスタを食べ放題で食べられませんでしたが。写真はジェノベーゼ。バジルの味が濃い。

IMG_5830

 

 

牡蠣。他にも何も言わなくても、テーブルにピッツア等が運ばれてくる最高さ。

IMG_5833

 

 

 

もちろんドルチェも食べ放題。下手な専門店よりも断然美味。甘いものは別腹の人殺しの店ですね。こりゃ別腹でも破裂しますよ、腹。

IMG_5837

 

 

このお店もここまで食べて1000バーツ(ちなみにラオス国内ではタイバーツが使えます)でお釣りが来るんだから半端ない。フライトのチェックイン締切間際まで居座ってしまいました。

 

 

Ai Capone

 

 

考え方によっちゃ、この規模感の街でここまでクオリティの高いレストランが揃っているのは、なかなかないのではないでしょうか。ただ残念ながら、今回は短い滞在だったこともあり、フレンチやイタリアン以外を味わうことができませんでしたので、次回は他の地域の料理のクオリティも見てみたいものです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 10年前のバンコク。その3
  2. s-P_20151217_140537 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第13回 生そば あずま
  3. 20160524_115737 新米パパママ参加必須のセミナーに参加してきた。
  4. クラブ活動第9弾〜SHOCK39編〜
  5. クラブ活動第8弾~insomnia編~
  6. ファイル_000 What’s Newを見て、最新イケてる女子旅に行ってきた。

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」

PAGE TOP