ワンデートリップ

【週末★トリップ】チェンマイで最高にピースフルな朝を迎えたいなら! ロマンティックが止まらない 大きな木の下のホテル

P1070687

 

バンコクよりもチェンマイに住みたいダコデザイナーのユカです。先日、ピン川沿いに佇む素敵な隠れ家ホテルにステイしてきたのでご報告します。
いつもは街を散策するのですが、外に出たくなくなるほど、居心地がよかったんです!

 

【旅して書く係】ユカ/カオソーイ好き。のんびりが好き。だからチェンマイが好き

 

チェンマイ中級者として

P1070796

大きな木の下で家族団欒している家族が素敵すぎて思わず激写

ひんやり肌に心地いい水温、しんと静まった朝の空気の中、ぱしゃぱしゃと自分が泳ぐ音だけが聴こえる。目の前には樹齢100年を超える大きな樹が手を広げ、そこから漏れる朝の光がきらきら水面に映り込む。こんな平和で満ち足りた朝、タイに来て初めてかも……もうっ最高かよ!(鼻息)

どうも。海よりプール派、ダコデザイナーのユカです。本当を言うと、バンコクよりチェンマイが好きです。ダコのオフィスが引っ越してくれたらいいのに、と常日頃夢見ています。
さてそんな私ももう数回目のチェンマイ、中級者ぶってもよい頃でしょう。いつもはお買い物やカフェ散策がメインですが、今回は「ホテルステイを楽しむ」がテーマです。ふふふ、大人~。

 

クラシカルな半木造ホテル

P1070835

P1070830

木の温かみに包まれたライブラリー。
写真に写っている額に入った写真の女性が、創始者の娘さん。美人!

 

実は今回のチェンマイ行きは、バンコクエアウェイズさんの取材で行ったメーホンソーンへ向かう道すがら(ダコ453号参照)。チェンマイ乗り継ぎだったので「1泊したい!」と言って寄り道してきたのです。

さて、そんなとっておきの一日を過ごしたのは「ナ・ニランド ロマンティック ブティックリゾート」。名前だけ聞くとだいぶプリティな印象を受けてしまいますが、実はランナー・コロニアルスタイルでデザインされたクラシカルな半木造ホテル。

敷地の中央にあるプールを取り囲むようにヴィラが並び、その奥にはホテルの象徴である大きな木がそびえます。さらにその後ろにはピン川の穏やかなせせらぎ……。肩の力がふっと抜けるような穏やかな空気と、どこを見ても素敵な視界に、気づけば仏像のように半眼で微笑みをたたえてしまうのでした。

 

P1070696

木がプールに映った「8」の形はホテルのロゴにも使われている

 

ちなみにロマンティックの由来は、ホテル創始者の娘さんの恋物語が語り継がれていることからだそう。プールを挟んで大きな木を見ると、プールの水面に反転して写りまるで「8」のように見えるのです。横にするとエタニティマークです、永遠ですよ。このふもとでウェディングフォトを撮るカップルも多いそう。素敵か。

 

チェンマイのランチといえば

P1070723

P1070727

パリッとジューシーな鶏肉と、ミニたまねぎのグリルが好相性

ランチは敷地内のレストラン「TIME」でピン川を臨みながらカオソーイを。こ・れ・が! 絶品だったのです。薄く衣をつけて揚げた鶏肉が柔らかくて。聞けばこれが看板メニューとのこと。やっぱりチェンマイに来たらこれを食べなくちゃね。
あぁ、思い出したらまた行きたくなってきた……!

 

夜はナイトマーケットへ

P1070754

夜はナイトマーケットへ。思ったより広くて、結構歩きました

夜は少しだけお出かけ。歩いてすぐのところにアヌサーン・ナイトマーケットがあります。おみやげはここで調達して、冷たい鉄板の上でくるくるっとクレープのように巻いて食べるアイスクリームを買って、早めに部屋に戻り、広ーいバスタブで久々の長風呂を楽しみました。ああ、しあわせってこのことか。

もちろんローカルな市場や、おしゃれカフェにもすぐ行けるのですが、こんな素敵なホテルなら、敷地内で一日中のーんびり、なんてのもいいなあと思ったのでした。やっぱり、好きだ、チェンマイ!

 

P1070703

泊まったのはデラックス・スイート。枕元の布はランナー王朝の伝統模様

 

タイムテーブル

08:00 バンコク発
09:15 チェンマイ着
10:00 街をプラプラ
12:00 「TIME」でランチ
14:00 チェックイン ホテルでまったり
18:00 川沿いのバーへ
19:00 ナイトマーケット 散策
21:00 ホテルへ

07:00 プールでひと泳ぎ
08:30 朝食
09:30 チェックアウト

 

宿泊どころ

ナ・ニランド ロマンティック ブティックリゾート
NA NIRAND Romantic Boutique Resort

場所:1/1 Soi9, Charoenprathet Rd., Changklan,Chiang Mai
電話:0-5328-0988
料金:デラックスルーム(2名)6500B~
※2017年10月31日までプロモーション価格5800B

 

お食事処

タイム リバーフロント キュイジーヌ&バー
TIME Riverfront Cuisine & Bar

場所:同上
時間:6時半~22時半 無休
※宿泊者以外も利用可
料金:カオソーイ・ガイ350B(税サ別)など

 

評価

癒やされ度 ★★★★☆
ときめき度 ★★★★★
お腹満足度 ★★★★☆
観光充実度 ★★★☆☆

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DSC_0401 心も体も頭も遊べる屋内テーマパーク 母娘で楽しんだ想像の王国 「…
  2. 【週末★トリップ】ドンムアン空港から1時間で宝石の国へ 黄金の…
  3. アーントーン県・太鼓村「ムーバーン・タム・クローン」
  4. Main_DSC09277 ロット・トゥーとソンテウでチャチュンサオ県に行ってみよう! バン…
  5. バンコクからひとっ走りで、ワニ王国へ タイ人家族と観光客のふれあ…
  6. 生き物好きな息子とテウェート市場周辺紀行

オススメ記事

  1. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  4. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP