タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】ゴイシーミー (広東風あんかけかた焼きそば):99食目

Print

見た目で選び損をしかけた話

Yatai457-03

ゴイシーミー

 

まさか自分がライトノベル漬けになるとは思わなかった。ラノベの特徴である萌え絵の表紙が好みではなかったからだ。そう、僕は本を見た目で選ぶタイプだった。しかし、ラノベの編集を強く勧められ、まったくそそられないがやってみることにした。子供向け小説の簡単な仕事だとみくびっていたが、甘かった。言葉選びのセンスも重要な、立派な学問ではないか。内容もライトどころかヘビーなものもあり、興味深い。

僕同様、表紙が原因でラノベを敬遠している人に伝えたい。本選びの基準を間違えている。見た目で選ぶと良いものとの出合いを逃すのは、本だけではない。今回紹介する店も、実はそうだった。

その店は僕の家の近所にある。メニューは約10種類。特に勧めたいのは「ゴイシーミー」、広東風のあんかけかた焼きそばだ。強火で焼き目をつけた香ばしい自家製バミーが特徴だ。

バミーらしさを楽しみたいなら「バミー・ギアオ・ムーデーン(焼豚とワンタンのせ中華麺)」がお勧め。自家製焼豚は昔ながらの手法で、炭火でじっくり焼き上げた逸品だ。

もう一つ外せないのは、初代からの看板商品「ノムソット・タオフー(ミルクプリン)」。今ではおなじみの「タオフアイ・フルーツサラダ」の原型といえる。牛乳の香りとほのかな甘み、滑らかな口当たりが特徴で、暑い季節に嬉しい冷たいデザートだ。

 

Yatai457-02

 

オンヌットに住んで7年、毎日この店の前を素通りしていた。その理由は、見た目にまったくそそられなかったからだ。たまたま、ペッチャブリー県の老舗高級料理店がオンヌットに店を構えていると聞き、それがその店だと知ったんだ。足を踏み入れた直後も、まだここが件の店だなんて信じられなかった。実際に味を知るまでは。これが、僕が7年間も見くびっていた表紙だ。

 

ナムティアンby Khanta

Yatai457-01

ペッチャブリー県で祖父が開いた広東料理店「ナムティアン」(現在は閉店)が原点だ。3代目店主オートさん(40)は、子供の頃から祖父に料理を教え込まれたという。やがて父(2代目)の跡を継ぎ、オンヌットに店を構えた。現在の店名は自身の名を追加したもの。中国料理店の雰囲気を残しつつ、リーズナブルな1皿料理(ゴイシーミー50B、バミー40B~、ミルクプリン20B)へメニューを変えた。スタイルが変わっても、高級料理店の技術は健在だ。

DATA
時間:11時~22時 無休
電話:08-6547-7677

429yatai_map-cs4

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. カオトム・プラー・ナー・コ・シーチャン 料理1 飾らない人気食堂はどれもハズレなし「カオトム・プラー・ナー・コ・…
  2. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】ヌアウア・サイ・ クイティアオ …
  3. Savoey01 川風とシーフード「サウォーイ」
  4. Heng Chung Seng-1 激旨!タイ食堂的おすすめのローカル店「ヘンチュンセン」
  5. 【グルちょー】 タムくんの人気キャラ「マムアンちゃん」のカフェに…
  6. 浮遊する青白き光 「ワン・ヒンホイ」

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  3. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  4. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  5. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中

PAGE TOP