ゴルフ

「ホンダ LPGA2024タイランド」完全レポート


毎年2月に開催される「ホンダLPGAタイランド」。今年は2月22~24日にかけて華々しく開催されました! 実はDACOも協賛していた全ゴルフファン必見のトーナメントの様子をご紹介します!(大変遅くなってしまってスミマセン!)

【1日目:2月22日】
初日は台湾出身のチェン・ペイユンが首位発進

「ホンダLPGAタイランド2024」初日となる2月22日、台湾のチェン・ペイユンが、8アンダー64という驚異的なスコアで、並み居るスター選手を圧倒しました。

チェンは、ロレックス女子世界ランキング113位という低い順位をものともせず、サイアムカントリークラブ・オールドコースで7バーディー、1イーグルを奪い、170万ドルのこの大会で2ストロークリードに躍り出ました。

韓国のキム・セヨンは、最終ホールでパー3の8番でバーディーを奪い、66で2位につけました。

続いて韓国のイ・ミヒャン、キム・ヒョジュ、ジェニー・シン、カナダのブルック・ヘンダーソン、スウェーデンのマデレーン・サグストローム、日本の古江彩良、タイのパティ・タバタナキアットとナッタクリッタ・ウォンタウィーラップの8人が67で3位タイという結果に。

蒸し暑く、風が強いコンディションでしたが、72名のエリート選手のうち29名以上が70を切り、50名がパーを更新という好調なスタートを切りました。しかし驚いたことに、ディフェンディング・チャンピオンで世界ランキング1位であるアメリカ出身のリリア・ヴはその中に入ることができないという残念な結果に。3アンダーの33でスタートした後、リズムを失い、4オーバーの40で帰途につき、73の60位タイに沈みました。

世界ランキング3位のセリーヌ・ブティエ(72)、ホンダLPGAタイランド歴代チャンピオンのアリヤ・ジュタヌガーン(72)、エイミー・ヤン(73)、アンナ・ノードクイスト(74)も厳しい戦いを強いられました。

最近負った怪我から回復しつつあるチェンは、「すべてのパットを決めれば、68は出ると思っていましたが、これほどの成績を残せるとは思っていなかった。今日はドライバーが安定していたし、セカンドショットも安定していた。甘く打った5番ウッドのアプローチは、カップまで3フィート(約1.5メートル)のところで止まり、ドライビングとアプローチショットが鍵になったと」と、語りました。初日首位のチェンは、台湾国内サーキットやアメリカのセカンダリーツアーでは何度も優勝を果たしていますが、LPGAツアーでの初優勝はいかに?

タバタナキアットとナッタクリッタの力強いプレーは、ホームのファンを特に喜ばせました。

サウジアラビアで開催された「レディース・ヨーロピアン・ツアー」で優勝したばかりのタバタナキアット。16番パースリーの深いグリーンサイドのバンカーからの見事なホールアウトや、18番ロングホールでの絶妙なアップダウンからの4オンなど、最後の3ホールでバーディーを奪い、サイアムカントリークラブでのオープニングラウンドを素晴らしいものにしました。

「あまり先走らなかったと思う。今、この瞬間にいる感じ。今週はファンの前でプレーできて本当に楽しかった。たくさんの人が見てくれて、応援してくれた。本当に感謝しています。タイのゴルフは素晴らしい。まだ木曜日なのに、たくさんの人が応援に来てくれた。タイのゴルフの未来は始まったばかりです」と、晴れ晴れとした表情で語りました。

昨年、最終ラウンドで首位に立ちながら準優勝に終わったサイアムカントリークラブで、世界ランキング135位のナッタクリッタは再びスポットライトを浴びました。

「このトーナメントに出場するのは2年目ですが、また招待されて光栄です。去年は有名になったような気分だったのを覚えています。また戻ってくることができて興奮しています。昨年は膝の故障で休養を余儀なくされましたが、今は回復してきています。2、3ヶ月休んで、たくさんトレーニングしたからです」と、ナッタクリッタ。

スビチャヤ・ヴィニチャータムとエイラ・ガリツキーの2人のタイ人アマチュア選手も印象的でした。

1月に行われた「ホンダLPGAタイランド2024国内予選」で優勝したスビチャヤは、ボギーなしの4アンダー68で12位タイ、昨年の「女子アマアジア・パシフィック」チャンピオンのガリツキーは70で31位タイにつけました。

【2日目:2月23日】
ファンの声援に喜ぶタイ人ゴルファーたち

チョンブリー県パタヤのサイアムカントリークラブオールドコースで行われた「ホンダLPGAタイランド2024」第1ラウンド。11人のタイ人ゴルファーたちは、応援に駆けつけたゴルフファンたちの温かい歓迎に感銘を受けました。

「第17回ゴルフ・ホンダLPGAタイランド」は2024年2月22日、予想を上回る多くのゴルフファンとともに開幕し、11人のタイ人ゴルファーたちも素晴らしいプレーを見せました。先週、サウジアラビアでの大会で優勝を果たしたばかりの注目のパティ・タバタナキアット選手は6バーディ、1ボギーの5アンダーと好調なスタートを切り、首位のペイ・ユン・チアン(チャイニーズ・タイペイ)に3打差の3位に浮上し、ファンから大きな声援を受けました。

「たくさんのゴルフファンが見に来てくれてうれしいです。応援いていただけると、さらに励みになります。 我が国のゴルフは良い方向に成長していると思います。 みなさんもぜひ観戦に来てください」と、世界43位で元メジャーチャンピオンのタバタナキアットは語りました。

以下、選手たちの声をお届けします。

ポルナノン・ファトルム
「初日に駆けつけてくれゴルフファンの数は、平日にも関わらず予想以上でした。 ぜひ、週末はフィールドにたくさん応援しに来てください。 必ず最善を尽くします。 みんなに楽しんでもらいたいです」

ジャラビー・ブンチャント
「平日にこんなに多くのゴルフファンが来てくれるとは思っていませんでした。私たちを応援し、励まして来てください」

ナッタクリタ・ウォンタウィーラップ
「シムと11人のタイ人ゴルファー全員をぜひ激励してください。コースに応援に来ていただければ、それは素晴らしいことです」

【3日目:2月24日】
パティ・タバタナキットが大活躍!

注目の3日目は、タイで高い人気を誇るプロゴルファー、パティ・タバタナキアットが、“ムービングデイ”に見事なプレーを披露し「ホンダLPGAタイランド2024」の主導権を握りました。

タバタナキアットは、サイアムカントリークラブのオールドコースで第3ラウンドを6アンダーの66でラウンドで首位に。通算54ホール、16アンダーの200をマークしたタバタナキアットは、18番ホールでイーグルを奪い、69でラウンドしたスウェーデンのマデレーネ・サグストロムに3打差をつけ、最終ラウンドに臨みます。

さらに1打差の3位には韓国のチェ・ヘジンとキム・ヒョジュ、そしてデンマークのエミリー・ペデルセンがつけました。チェとペデルセンは共に65をマーク。バックナインでのグリーンの滑りや風の強さに悩まされた、蒸し暑い一日でしたがベストスコアを記録しました。

続いてカナダのブルック・ヘンダーソン、スイスのアルベイン・バレンズエラ、韓国のキム・セイヨン、タイのアリヤ・ジュタヌガーン、10代のアマチュア、スビチャヤ・ビニチャイサムが205で並んで6位に。

2月18日、「4アラムコ・サウジアラビア・レディース・インターナショナル」において、レディース・ヨーロピアン・ツアー(LET)初優勝を飾ったタバタナキアットは次のように語りました。
「今日の自分のプレーを本当に誇りに思います。厳しい暑さにとても疲れました。体力を温存して、明日に挑みます。先週の優勝は、明日に向けて大きな自信を得ることができました。結果を保証するかどうかはわかりませんが、この7日間を振り返ってみるとポジティブなことやいいことがたくさんありました。とにかく今は楽しんで、自分のプレーを大切に明日に臨みたいと思います」。

ムービングデイだった24日のラウンドで、タバタナキアットはフロントナインで6アンダー、1番、2番、5番、6番でバーディーを奪い、7番ではイーグルスリーを決めて、大勢のギャラリーを大いに沸かせました。11番でグリーンサイドのバンカーからのアップダウンに失敗してボギーを喫したが、15番パー4でバーディーを奪取。

昨年、リリア・ヴが終盤に64をマークし、逆転優勝を飾ったオールドコース。最終日に花火が上がる可能性があることを、タバタナキアットを追う選手たちは感じていたはずでしょう。

昨年の「ソルハイムカップ」で優勝したヨーロッパチームのメンバーであるサグストロームとペデルセンが、後ろを追います。

各選手たちは3日目のプレーを振り返り、次のように語ってくれました。

タバタナキアット、キム・セイヨンと並び、2ラウンド目首位のサグストロム
「パティは素晴らしいプレーをしている。しかし彼女は今日、いくつかのパットをショートさせてしまった。明日チャンスをつかむためには、いいゴルフをしなければならない。明日チャンスをつかむためには、いいゴルフをしなければならない。私がすべきことは、自分のゾーンに入り、自分のやり方から離れることです。いいプレーをしている選手とプレーすることは、とてもいいことです。自分のペースを保ちながら、自分のプレーを見つけます」

8バーディー、1ボギーの第3ラウンドを終え、LETで5度の優勝経験を持ち、サウジアラビアの最終日にタバタナキアットとペアを組んだペデルセン
「自分のプレーは安定していると感じているし、とにかく優勝争いに加われるようにがんばっています。今日、この位置にいることに満足しています。アクセルを踏み続けたいですね。サウジアラビアの最終ラウンドでパティと一緒にプレーしましたが、彼女は信じられないような素晴らしいプレーをしていました。でも、自分でもあのようなプレーができると信じていますし、明日そうできることを願います。まだたくさんのホールが残っていますし、バーディーチャンスもたくさんある。他のみんなもバーディーを取ってくれると思うから、私はできるだけペダルを踏んで、できるだけ多くのバーディーを取りたいと思います」

開幕戦では72という不運から立ち直り、4アンダーの68で2度目の「ホンダLPGAタイランド」栄冠を狙うアリヤ
「最初のラウンドは、あちこちに打ち込んでしまって、ちょっと大変でした。その後は、期待されていない感じでした。でも、何も期待されていないと、逆にいいプレーができるようになるんですよ。初日はそれほど期待していなかった。でも、今日のラウンドを終えて、リーダーボードの自分の名前を見て興奮しました。このトーナメントに出場することだけでも、私にとっては大きな意味があります。もちろん優勝はしたいですが、余計なプレッシャーはかけたくないと思っています」

【4日目:2月25日】
パティ・タバタナキアット、「ホンダLPGAタイランド」にその名を刻む

パティ・タバタナキアットは、熱狂的なファンに後押しされながら、最終ホールで意地のバーディーを奪い、「ホンダLPGAタイランド」に見事その名を刻みました。

サウジアラビアで行われた「レディース・ヨーロピアン・ツアー」初優勝を飾った7日後、24歳のタバタナキアットは、サイアムカントリークラブで開催された170万ドルのLPGAツアー・ショーケースにて、劇的な1打差で優勝を飾りました。

最終ラウンドのスタートで3打差をつけたタバタナキアットは、オールドコースで5アンダーの67をマークし、「ホンダLPGAタイランド」17年の歴史の中で2人目のホーム優勝者となりました。

「母国で、両親の前で優勝できて、夢が叶いました」と感慨深げに語ったタバタナキアットは、72ホールトータル21アンダーの267をマーク。

2打差の270で3位についたのは、キム・セヨン(65)とチェ・ヘジンの韓国人デュオ。彼らは最終9ホールを29で回り、66でプレー。

タバタナキアットは10番でこの日4つ目のバーディーを奪い、リードを4打に広げました。特に、15番パー4でボギーを叩き、2打差でプレーしていたバレンズエラの快進撃にドアを開けてしまいました。

スイスのスタンフォード大学出身のバレンズエラは、5番でフェアウェイからホールアウトしてイーグル・ツーを奪うと、11番から7ホール連続で3パットを決め、18番では6フィートのパットでバーディー・フォーを奪い、通算20アンダーで首位のタバタナキアットに並ぶ接戦に。

15番でのドローショットから立ち直り、16番では10フィートのバーディーを奪い、17番では膝が震えるような5フィートのパーを奪いました。ドライバーでフェアウェイを割った後、タバタナキアットはミドルアイアンで砲台グリーンを狙いましたが、パッティングサーフェスにわずかに届かず。優勝バーディーを奪った後、タバタナキアットは涙をこらえるのに必死の様子。

十分に落ち着きを取り戻した後タバタナキアットは、賞金授与式にてチーム、友人、家族、そしてギャラリーに感謝の言葉を述べました。
「今日はとても緊張しました。でも、応援に駆けつけてくれたみんなの前でプレーできたことで、少し力が入りました。人生のある時期にはロープの外にいたのに、今は世界最高峰の素晴らしい選手たちがいる中に自分もいる。そんな中でプレーできるなんて、とてもシュールです。フロントナインでたくさん食べていたから、バックナインでもエネルギーが有り余っていたんです。バックナインでがんばれたことを本当に誇りに思います」

今回の優勝は、1週間前に7打差で圧勝したサウジアラビアでの大会ほど明確ではなかったかもしれませんが、タバタナキアットにとっては、5大メジャーのひとつである2021年の「シェブロン選手権」でのブレイクスルー優勝以来のLPGAツアーでの成功であると言えます。

タバタナキアットは、パジャリー・アナンナルカーン、アタヤ・ティティクル、モリヤ・ジュタヌガーン、ジャスミン・スワンナプラ(いずれも2勝)、そして「ホンダLPGAタイランド2021」を含む12勝を挙げたアリヤ・ジュタヌガーンに続く、タイ出身でLPGAツアー2勝以上を挙げた6人目の選手となりました。

「ホンダLPGAタイランド」で、リリア・ヴが2年連続でグランドスタンド・フィニッシュを飾りました。2023年には、終盤に64をマークして見事な逆転勝利を収め、この年は4勝を挙げて世界ランキング1位に躍り出ました。今年はボギーなしの65をマークして同7位に浮上し、バックナインでの40がなければどうなっていたかと考えさせられる結果となりました。

しかし、誰もが最終日にバーディーを奪えたわけではありません。世界ランキング3位のセリーヌ・ブーティエ(フランス)と4位のイン・ルオニン(中国)にとっては、予想外の苦戦となりました。

ブティエは5アンダーの283で49位タイ、尹は2打差の58位タイで終了。

アマチュアの戦いでは、先月の「ホンダLPGAタイランド」国内予選で優勝し、今大会でLPGAツアーデビューを果たしたスビチャヤ・ビニチャイサムが自慢のプレーを披露しました。

スビチャヤは最終ラウンドで71をマークし、通算12アンダー、276で18位という結果に。

今週の2人の活躍を見れば、アリヤ、タバタナキアットに続き、スビチャヤとガリツキーが今後の「ホンダLPGAタイランド」に名を連ねても不思議ではないでしょう。

HONDA LPGA THAILAND

Website Facebook Instagram

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【タイ ゴルフ場ガイド #3】アクセス良好なパタヤの老舗「パタヤ…
  2. 【タイゴルフ場ガイド #8】日本人の間で話題!最新設備が揃ったサ…
  3. 【タイゴルフ場ガイド #9】美しい景観のトーナメントコース!行き…
  4. The Pine Golf Club 【タイゴルフ場ガイド #7】日常使いに◎なコスパ良コース「ザ・パ…
  5. ミノプロと行くゴルフイベント-2 ミノプロと行く! ゴルフツアー第2弾@パタナゴルフ&スポーツリゾ…
  6. 「トップゴルフ・メガシティ」メガバンナー隣にゴルフ&スポーツエン…

オススメ記事

  1. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画@バンコク>
  2. 【タイに住む日本人】八代 健さん インタビュー(オーシャン・フォトグラファー/プーケット・パンガー県) 
  3. 【バンコク・ラマ9世エリア】注目物件を聞いてみました <バンコクで2軒目の家探し> #01
  4. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画 vol.02>ちょいワル風イタリアンコーディネート
  5. 社会貢献者表彰 推薦募集中!vol.04 第56回受賞者 スランガニ(スリランカ)

最新のTHB-JPY

PAGE TOP