What's Happening

三菱地所が手掛けるタイ国内最高層オフィスビル「One City Center」、ついにグランドオープン!

バンコクの新ランドマーク誕生

1月24日、三菱地所株式会社とタイの大手デベロッパーRamon Land Public company社(以下、RML)が共同で開発を進め、2023年3月に竣工した大規模複合オフィスビル「One City Center」がついに全面開業を迎えました。

「One City Center」は、三菱地所グループとして初となるタイ国内でのオフィス開発計画で、総事業費約88億バーツを投じて行われた巨大プロジェクト。地上276mとタイ国最高層のオフィスビルは、タイにおける日系企業が手掛けたオフィス開発物件としては過去最大規模の貸付面積を誇ります。各国大使館や高級ホテル、ショッピングセンターなどが集積するセントラル・ルンピニーエリアに位置し、BTSプルンチット駅からはスカイウォークで直結……と利便性も抜群。バンコクの新たなランドマークとして、ビジネスだけでなく観光の中心地としても機能していくのは間違いないでしょう。

1月24日に開催されたグランドオープンセレモニーでは、在タイ日本国大使館・梨田和也大使も出席し、「大変素晴らしい眺望で、我が大使館も引っ越してきたいくらいです。個人的には2月にオープンするというルーフトップバーにはぜひ足を運びたいですね(笑)。日本の企業がタイの企業が協力しあい、優れたサービスを提供するのは本当に喜ばしいことです。このようなプロジェクトをますます増やし、タイの発展がますます進んでいくことを願います」と、冗談を交えながら祝辞を述べました。その後、RML社CEO、コーン・ナロンデート氏より、One City Centerの事業概要について細かい説明がなされました。

最新鋭のテクノロジーと共に
A+グレードのオフィス空間を提供

地上61階建てのオフィス棟、地上3階建ての商業棟、2棟からなる「One Bangkok Center」は、非接触型顔認証管理システム、非接触エレベーター、就業者向けアプリ、駐車場におけるチケットレスシステム、EVチャージャー設置(8台分)など、ポストコロナ・ニューノーマル時代の最先端テクノロジーをふんだんに採用。また、タイでは初となるスカイロビーを導入し、入居者のエレベーター待機時間をぐっと短縮します。

高層ならではの素晴らしい眺望が望める天井高3mのグレードA+を誇るオフィスでは、タイでは珍しい「無柱空間設計」を取り入れた広々としたシームレスな空間を採用し、フレキシブルな働き方を提案します。

さらに、37階にはコワーキングスペース「JustCo」が入居し、時間貸しのミーティングルーム、ホットデスク、サービスオフィスを提供しています。タイに進出してきたばかりのスタートアップ企業、フリーランスの方にはぜひおすすめしたい快適なスペースです。

2月にはルーフトップバーもオープン予定
多彩な飲食テナントが入居

在住者はもちろん、観光客にも知名度抜群の“ピンクのカオマンガイ”こと「アン・カオマンガイ・プラトゥーナム」を始め、魅力的な飲食テナントがずらりと入居中。主なテナントは下記の通り。

ゴーアン・カオマンガイ・プラトゥーナム(フードコート内)

“ピンクのカオマンガイ”として知られる、在住者にも観光客にも大人気のカオマンガイ専門店がフードコート内に出店中

% Arabica

タイでも大人気の京都発・コーヒー専門店

Ksana

日本大使館公邸へも抹茶を卸しているプレミアム抹茶ブランドが手掛けるカフェ

Green & Been

「アジアのベストレストラン50」にて4年連続1位に輝いた伝説のレストラン「Gaggan」のシェフとしておなじみのガガン・アナンドシェフ、ミシュラン2つ星のモダンドイツ料理レストラン「Sühring」のトーマス&マティアスシェフ、タイのセレクトショップ「Carnival」の創業者であるアヌポン・クッティクル氏のコラボレーションによって誕生した、こだわりのコーヒーやお茶を提供するカフェ

鮨 島本

神戸の名店がバンコク初出店

ENISHI

ミシュラン ビブグルマンに選ばれた神戸の人気担々麺専門店がバンコク初出店

Gaggan Anandシェフによるレストラン

店名は未定なものの、食の常識を打ち破る世界に名を馳せる有名シェフによるレストランもオープン予定

AKARA SKY OCC Restaurant(仮)

58階に2月開業予定のタイ料理レストラン。

AKARA SKY OCC Rooftop Bar(仮)

61階に2月開業予定のルーフトップバー。オフィス物件としてはタイ最高位に位置(他の商業ビルも含めると第3位)し、バンコクの美しいパノラマが一望できる。スパニッシュタパスバー「Vaso」を手掛けるオーナーが設計・開発

オフィスビルとしても、観光スポットとしても期待される「One City Center」は、多様なライフスタイルに対応するバンコクの新ランドマークとして今後大きな注目を集めていくことでしょう。

One City Center

住所:548 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok
TEL:02-255-5555
ウェブサイト

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【タイに住む日本人】山口 薫さん インタビュー(山口豆腐店 代表…
  2. Westo Factory 01 シラチャに日系の古着専門店が初上陸! USA古着・ブランド古着が…
  3. デンタルワイズ・クリニック Dentalwise Clinic 日本人通訳常駐! 在タイ中に絶対受けておきたい「インビザライン」…
  4. ユニクロがサイアムスクエアに期間限定の大型ポップアップストア「N…
  5. 6月20日(月)開催!「家計の見直し講座」
  6. Gourmet Market 01 10万種類以上の垂涎グルメが集結!ザ・モール・グループのグルメ系…

オススメ記事

  1. アジアを感じるスパニッシュ×メキシカン「COCO LIMA BKK」
  2. 未経験でも大丈夫!バンコクで日本語のみで楽しく働くなら「トランスコスモス(タイ)」が断然おすすめ!!【日本人スタッフ大募集中】
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心

最新のTHB-JPY

PAGE TOP