ライフ

設立50周年記念!バンコク病院リレーコラム 06 〜小児呼吸器科・THITIRAT RATANASILA 先生〜

2022年で設立50周年を迎え、東南アジア最高水準の医療を提供する「バンコク病院」が日本人に向けた医療サービスを開始したのは1977年。日本の医学部を卒業したタイ人医師と日本人医師、日本人コーディネーター、日本語通訳らを筆頭にタイで最も歴史のある日本人向けサービス「ジャパン・メディカルサービス(JMS)」として、タイに住む私たち日本人の健康を支え続けています。

そんな「バンコク病院」には、どんな先生が所属しているのか?
一人ひとりご紹介していきます!

小児呼吸器科のプロフェッショナル

ティチラット ラタナシラー/THITIRAT RATANASILA 先生

担当:バンコク国際病院・小児ヘルスセンター(Child’s Health Center at Bangkok International Hospital)
職務歴:10年以上
【診察時間】
下記にてご確認ください
https://www.bangkokhospital.com/en/doctor/dr-thitirat-ratanasila-2

- これまでのご経歴を教えてください
タイ・マヒドン大学シリラジ病院で医学博士課程を終了後、小児科を経て、小児呼吸器科の現場を担当しています。

- 病院に来るお子さんは、どのような症状が多いのでしょう?
咳がひどい、または異常に長く続いているという患者さんが多いです。 咳が2週間以上続くと睡眠も妨げられますし、呼吸も浅くなるため、すぐに医師の診断を受けるべきです。

- 病気を予防するために、どのようなことに気をつければいいですか?
咳の予防には、ほこりや冷気といった環境を避けること、冷たすぎる食べ物や乾燥した食べ物を控えて温水をよく飲むこと、そしてマスクの着用とこまめな手洗いを徹底しましょう。

アレルギー性鼻炎の病歴のある子どもは、天候の変化や車からの排気ガス、たばこの煙などにより症状が悪化する場合があるため、日常的にマスクを着用することと鼻洗浄をおおすすめしています。
鼻腔炎が気になる方は、鼻洗浄を習慣化しましょう。
また細気管支炎の症状があり、 感染または気管支過敏症が原因の場合は、薬を服用するなど症状に応じた対処法があります。

いびきが気になる場合は、まず睡眠検査(sleep test)を受けることをおすすめします。


バンコク病院JMS日本人専門クリニック

住所:2 Soi Phetchaburi 47 Yaek 10, Bang Kapi, Huai Khwang, Bangkok 10310(BTSトンロー駅から車で15分)
Tel:+66(0)2-310-3257(日本語・7:00〜17:00)/+66(0)2-310-3200(代表)
E-mail:jpn@bangkokhospital.com
Facebook:BangkokHospital

ウェブサイトはこちら

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 設立50周年記念!バンコク病院リレーコラム 01 〜総合内科医・…
  2. エンポリアムとエムクオーティエで最大50%オフ!特典いっぱいの外…
  3. 【スタートアップ企業にもおすすめ】コワーキングスペースとレジデン…
  4. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理…
  5. ≪Thailand Baby Kids Best Buy≫ベビー…
  6. タイでの洗濯マメ知識 LION(タイランド)が教える「タイでの衣類洗濯のマメ知識 」

オススメ記事

  1. 本帰国前にゴッドハンド先生のお店で身体の状態をチェックすると、こんないいことがあるよ。【バンコク・リリーブクリニック】
  2. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  3. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  4. 教えて「ポルカドッツ」さん! タイの水アレコレ【飲料水編 #2】
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

最新のTHB-JPY

PAGE TOP