Pick Up!

バンコク発★週末ちょっトリップ  マイナスイオンをチャージ! 自然に囲まれたカオヤイへ『Mövenpick Resort Khao Yai編』

“タイの軽井沢”とも呼ばれ、都心部から車で2時間強で行ける避暑地カオヤイ(ナコーンラーチャシーマー県)。国立公園やゴルフ場、キッズパークなど自然豊かな観光スポットがあり、週末や日帰り旅行に選ばれるエリアの一つです。自然と清らかな空気を同時に体感できるこちらで、特に注目されるリゾート「Mövenpick Resort Khao Yai」をご紹介します!

・旅して書く係・Aim
早稲田大学卒。島唄と和食が好きな親日家。

地元名物も堪能できる多国籍レストラン
Flavours of Khao Yai

Flavours of Khao Yai

子牛肉を使ったスイスの伝統的な煮込み料理「Zurich-Style Veal(550B)」

 

リゾート内で国際色豊かな料理を提供するレストラン。地元ファームを含めたローカル食材を活かした料理の数々が特徴です。お店いちおしは、スイスの伝統的なレシピを使った「Zurich-Style Veal」。口の中でほどける子牛肉に合わさったマッシュルームソースは相性抜群でした。この他、地元名物の麺を使った「パットミー・コラート(コラート風焼きそば)」、一般的なソムタムにプラーラー(魚を塩漬けして発酵させた調味料)を合わせた「ソムタム・コラート(コラート風ソムタム)」といったローカルメニューもあります。

Flavours of Khao Yai-2

バンコクとはひと味違う、カオヤイ名物の「ソムタム・コラート(220B)」

Flavours of Khao Yai
時間  11時~23時(ラストオーダー22時半)

動物との触れ合い体験
My Ozone Animal Club

My Ozone Animal Club

敷地内では動物に触れ合える他、遊具など子ども向けのファシリティも!

 

リゾートの敷地内で、動物と触れ合えるオプションがあるのも特徴の一つ。ウサギやヤギ、ヒツジ、ウマなどに触れたりエサをあげたり、さらには乗馬したりと小さなお子さん連れに好評です。緑豊かなガーデンスタイルを誇る「Mövenpick Resort Khao Yai」で癒やされましょう!

My Ozone Animal Club

まるで別荘のようにプライベートなひとときを過ごすことができます

My Ozone Animal Club
時間 6時~17時
料金   無料

ゴルフ好き必見!
MyOzone Golf Club Khaoyai

MyOzone Golf Club Khaoyai

遮るもののない開放的な敷地内は気持ちいいのひと言!

ラウンド料やキャディ、ゴルフカートが付いて1ラウンド1,850B〜とお得に回れるので、ゴルフ愛好者に大人気。緑豊かな景観に溢れたゴルフ場は、全18ホールで112万㎡超え。澄んだ空気も相まって、スコアアップも間違いなしですよ!

MyOzone Golf Club Khaoyai

レセプションではゴルフグッズの販売も行っています

MyOzone Golf Club Khaoyai
料金 月~金1,850B/土~日2,250B
※ラウンド料、キャディ、ゴルフカート付き
電話 090-678-4362 (英語対応)
時間 6時~18時
LINE 090-678-4362 (英語対応)

ペットと一緒にGO
VILLA

Villa

敷地内はPool VillaやGarden Villaなど全 52部屋を備えたプライベート空間(1部屋2~5BR)

VILLA

イタリアのお城をテーマにしたデザインとスタイリッシュな家具が特徴。高所のため湿度や暑さを気にせず、涼しく快適な時間を味わうことができました。また、プールを備え付けた部屋や庭がある部屋などお好みで選択可能。ペットフレンドリーも嬉しいポイントです。

VILLA
料金 3,200B~(部屋の種類・宿泊日により異なる)
E-mail resort.khaoyai.reservation@movenpick.com
LINE @movenpickkhaoyai (英語対応)

Mövenpick Resort Khao Yai

場所 334 Moo 6, Tambon Wangsai, Amphoe Pakchong, Nakornratchasima
電話 04-4009-100
Web www.movenpick.com
Facebook movenpickkhaoyairesort
MAP

 新着記事を読む 

関連記事

  1. まるまるタクシーチャーターで地獄めぐり スパンブリー県の地獄寺…
  2. 11月8日開催「日本語通訳で体験するタイの瞑想ツアー」
  3. バンコク発★週末ちょっトリップ『イサーンの田舎時間を満喫 緑の中…
  4. 【タイ東北部6選】死ぬまでに行ってみたいタイの絶景
  5. バンコクからロット・トゥー、現地でソンテウを乗りこなす 「シンブ…
  6. DSC00309 バンコク発ちょっトリップ 『ダコのタイ人スタッフが行く シーチャ…

オススメ記事

  1. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ

PAGE TOP