駐妻スクープ in Bangkok

<駐妻スクープ in Bangkok>MBKの隣の美術館!BACCで アートに囲まれ寛ぎタイム vol.095

scoop-title

入場無料の美術館

BTSでMBKに買い物に来るたびに、隣の白い建物に大量の人が入っていくのが気になっていました。改札を出てMBKに行く人は向かって右側にドサーっと流れ、反対の左側には、ちょっとテンションが違う人たちがスーッと入っていくのです。

あそこ、BACC(バンコク・アート&カルチャー・センター)って美術館なんですね。しかも入場無料って知ってました?そこの奥さん。行ってみましたよ。BTSナショナルスタジアム駅から3番出口で直通です。

入ると天井まで吹き抜けの開放感、クーラー冷え冷え、広がる静寂にアートな薫りぷんぷん。さっちぃ、美術館って場所の雰囲気が好きなんです。なんか、広いし、たいていは、オシャレでしょ? 美術鑑賞って賢くなれそうやん? 好きな割には、芸術は分からないんですが、まあいいです。

 

日常の中の非日常

01

8階と9階が展示場で、途中の階では、タイ人アーティストのワークショップが開催され、ショップやカフェが雰囲気良く並んでます。手作りのアクセサリーやかわいいポストカードなんかがええ感じ。ベンチもあちこちに置いてあって、みなさん自由に寛ぎまくってるところがタイっぽくて凄くいい。

この日、100年以上前の古き良きシャムといわれた時代のタイの写真が国内初公開されているのを観ました。

目の前の展示を凝視する時間ってとっても非日常。その時間が良かったです。もちろん、写真も素晴らしくて。下のカフェでぼ~っとお茶して、帰りにMBKにも寄って大満足。

意外と美術館は少ないバンコク。立地の良さも魅力的です。常時タイ最先端のアートに触れられる場所ですよ。


文・イラスト/駐妻探偵4号帰ってきたさっちぃ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>フアヒン、いまむかし 6年…
  2. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>白と黒に包まれたタイに思う…
  3. <駐妻スクープ in Bangkok>タイ人とお友達になる方法 …
  4. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>ローカルから日本産まで!ア…
  5. <駐妻スクープ in Bangkok>大っ嫌いだったけど、 大っ…
  6. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>一路、桜満開の大阪へ! さ…

オススメ記事

  1. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」
  2. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  3. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  4. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP